記事

世界で40秒に1人が自殺ーーWHOは農薬規制が自殺率減少に効果的と指摘

1/2

世界保健機関(WHO)は9月10日の「世界自殺予防デー」にあわせ、世界で40秒に1人、年間約80万人が自殺していると発表。各国政府に対し、持続可能な対策として、効果の高い自殺防止戦略を国の健康・教育施策に取り入れるよう求めた。新たな報告書は、主要な自殺手段の一つである危険性の高い農薬を規制することが年間数千人の自殺防止につながる可能性があるとしている。(サステナブル・ブランド ジャパン=小松遥香)

「すべての死は家族や友人、同僚にとっての悲劇だ。でも自殺は防止できる」と同WHOのテドロス・アダノム事務局長は話し、各国政府に自殺防止策の強化を求めている。

世界で発生する自殺の約8割は低・中所得国で発生しているが、自殺率は高所得国の方が高いという。とりわけ高所得国の男性の自殺率は女性の3倍に上る。一方、低・中所得国では男女の自殺率はほぼ同等だという。

自殺は、自動車事故に次いで15-29歳の若年層の死因の第2位。また15-19歳の未成年女性の死因でも妊産婦死亡に次いで自殺は2位、男性では自動車事故、対人暴力に次いで自殺は3位だ。世界的にもっとも一般的な自殺方法は、首つり、農薬の服毒、銃器という。農薬の服毒は低所得・中所得国で発生する自殺の多くを占める。

WHOは自殺防止の鍵となる対策として、「自殺手段の制限」「メディアが自殺について責任ある報道を行う」「若年層が生活上のストレスを建設的かつ効果的に対処できるよう技能を身につける機会を用意する」「自殺リスクのある人を早期に特定し、寄り添い、経過観測をする」の4つを挙げる。

あわせて読みたい

「自殺」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野氏の停電対応 元医官が絶賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  3. 3

    食材追求した料理人に農家で皮肉

    幻冬舎plus

  4. 4

    政治家が被災地視察 迷惑の声も

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    韓国が戦略石油備蓄の放出検討へ

    ロイター

  6. 6

    韓国法相任命 正恩氏の指示と噂

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  8. 8

    千葉の復興妨げる観光自粛を懸念

    かさこ

  9. 9

    佐野SAスト1か月 資金残りわずか

    文春オンライン

  10. 10

    世界大学ランキング 日本の課題

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。