記事

世界で40秒に1人が自殺ーーWHOは農薬規制が自殺率減少に効果的と指摘

1/2

世界保健機関(WHO)は9月10日の「世界自殺予防デー」にあわせ、世界で40秒に1人、年間約80万人が自殺していると発表。各国政府に対し、持続可能な対策として、効果の高い自殺防止戦略を国の健康・教育施策に取り入れるよう求めた。新たな報告書は、主要な自殺手段の一つである危険性の高い農薬を規制することが年間数千人の自殺防止につながる可能性があるとしている。(サステナブル・ブランド ジャパン=小松遥香)

「すべての死は家族や友人、同僚にとっての悲劇だ。でも自殺は防止できる」と同WHOのテドロス・アダノム事務局長は話し、各国政府に自殺防止策の強化を求めている。

世界で発生する自殺の約8割は低・中所得国で発生しているが、自殺率は高所得国の方が高いという。とりわけ高所得国の男性の自殺率は女性の3倍に上る。一方、低・中所得国では男女の自殺率はほぼ同等だという。

自殺は、自動車事故に次いで15-29歳の若年層の死因の第2位。また15-19歳の未成年女性の死因でも妊産婦死亡に次いで自殺は2位、男性では自動車事故、対人暴力に次いで自殺は3位だ。世界的にもっとも一般的な自殺方法は、首つり、農薬の服毒、銃器という。農薬の服毒は低所得・中所得国で発生する自殺の多くを占める。

WHOは自殺防止の鍵となる対策として、「自殺手段の制限」「メディアが自殺について責任ある報道を行う」「若年層が生活上のストレスを建設的かつ効果的に対処できるよう技能を身につける機会を用意する」「自殺リスクのある人を早期に特定し、寄り添い、経過観測をする」の4つを挙げる。

あわせて読みたい

「自殺」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ検査で病院へ行くのは愚か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    楽天の三重苦 送料無料は無理筋

    大関暁夫

  3. 3

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  4. 4

    コロナ特効薬なぜ開発進まないか

    NEWSポストセブン

  5. 5

    コロナ報道に消耗 不安を煽るSNS

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  6. 6

    辻元氏が個人党会費の転用を否定

    辻元清美

  7. 7

    籠池氏が100万円事件の真相告白

    文春オンライン

  8. 8

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  9. 9

    韓国でコロナ感染者増加が最多に

    ロイター

  10. 10

    イベント中止要請 経済対策急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。