記事

北方領土交渉─安倍総理は国民に説明を

安倍総理とプーチン大統領の27回目の会談が行われましたが、領土交渉の進展はなく、むしろ行き詰まりがより鮮明になりました。

安倍総理は2016年の長門会談後、「平和条約がない異常な状態に、私たちの手で終止符を打たなければならない強い決意を確認した」と述べ、自らの責任で領土問題を解決して平和条約を締結することを約束しました。しかし、今回のプーチン大統領の反応を見ても、交渉に応じる姿勢は見られませんでした。

交渉の困難さは予想されたことではあります。私が疑問に思うのは、プーチン大統領との2人だけの会談を重ねるなかで、何をもって交渉が前に進むと判断し、カードを切ったのかということです。

今までの日本外交の成果である、四島に領土問題が存在するという日露首脳間の度重なる合意確認があるにもかかわらず、1956年の日ソ共同宣言にまで戻してしまいました。

ロシア側に国後、択捉は事実上諦めたと受け取られかねないことです。そこまでしながら、歯舞、色丹すら交渉の対象になっていないというのは、どういうことでしょうか。日本外交の歴史に残る失態ではないかと思っています。

安倍総理の大きな判断ミスのため、領土という国益の根幹が損なわれている状況です。今後、次の総理が交渉する際にも、一たび日ソ共同宣言を基礎にと合意した以上、四島に領土問題が存在するということをロシア側に認めさせることは、非常に難しいでしょう。

安倍総理には、今までの経緯と自らの判断ミスについて、国民にしっかりと説明する責任があります。

あわせて読みたい

「北方領土」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  4. 4

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  5. 5

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  6. 6

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  7. 7

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  8. 8

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  9. 9

    なぜリベラリズムは生き残るのか

    SYNODOS

  10. 10

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。