記事

「マツダ3」不振 ~ 個性を捨てたマツダに魅力はあるのか

「マツダ3」が苦戦を強いられているようだ。

<参考記事>
10日付日経電子版;「マツダ3」不振で不協和音 部品各社「殿様商売だ」

古くはコスモ、RX-7、ファミリア、ランティス、RX-8…。免許を取ってから40年強の間、かなり長い期間マツダ車に乗ってきた。特にロータリーエンジンのファンでないにもかかわらずマツダ車に乗ってきたのは、個性的なデザインの車が存在していたからだ。

今年15年間乗ってきた愛車RX-8をついに手放した。買い替えを検討し始めたときには当然マツダも対象に入っていた。

しかし、すぐにマツダは検討対象外に。それは、セールスマンとの相性もあるが、高級化という名の下にモデルチェンジのたびに数センチずつ車幅が広がり、とうとう我が家のコンクリートで囲まれたガレージに入る車がアクセラとデミオだけになってしまったからだ。

もともとファミリアであったアクセラには魅力を感じていなかったし、その割に価格が割高だったことが一番の理由。

もう一つの大きな理由は、ブランド戦略として進められてきたデザインの統一化。いまやデミオからアテンザまで全て車体のデザインがほぼ同じ。駐車場に止められた車を遠目から見たとき、アテンザなのかアクセラなのかデミオなのか分からない。それはマツダの最大の長所ともいえる個性的な車がなくなったということでもある。

さらに、我が家のように車幅の制約がある人間にとっては安い車種しか選べないというのは大きなストレスになる。

これは外車でも同じ。制約条件があって小さな車種しか選べないというストレスがあるなかで、価格が割高となったら購入意欲は全く湧いてこない。

結局我が家が最後に選んだのは、以前セカンドカー候補として考えていたもともと小さい国産車。理由は奥様が可愛いと満足してくれたから。小生の拘りでドイツ車を購入して、ずっと奥様に「私が好きな車じゃない」と不満を言われるリスクも含めれば、コスパは最高だといえる。

個性のないマツダ車には乗る価値はない。長年のマツダ車愛用者からは今回の「マツダ3」の不振は必然のように思えてならない。

RX-8から小さな国産車に買い替えて約5カ月。未だにマツダの担当者は我が家がRX-8に乗り続けていると思っているのか、点検の案内等を送ってくる。これも少々問題。

あわせて読みたい

「マツダ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  2. 2

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  3. 3

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  4. 4

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  5. 5

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  7. 7

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  8. 8

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  9. 9

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

  10. 10

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。