記事

令和元年台風15号の襲来に伴う鉄道の計画運休が示唆すること

1/2
[画像をブログで見る]

令和元年台風15号と計画運休

 2019年9月に首都圏を襲った令和元年台風15号は,9日の午前3時に三浦半島を通過し,5時に千葉市付近に上陸するなど,深夜にかけて関東地方に記録的な暴風をもたらしました.特にこの時の最大瞬間風速は千葉県千葉市で57.5メートルなど観測史上1位を記録し,また雨量も横浜市で72.0ミリや東京都江戸川区で72.0ミリ(ともに1時間雨量)と,非常に激しい雨が降っています(参考文献1,参考文献2).さらには朝になっても,公共交通機関などの運休が大量の通勤者の足を止める,千葉では大規模な停電が続くなど,その社会的な影響は台風が通過しても続きました.

 今回の台風襲来時,鉄道事業者各社は8日に計画運休を発表したところもあり,例えばJR東日本は9日始発から午前8時頃まで運転を見合わせるとアナウンスしていました.路線上の倒木などで運転再開が午前10時頃まで延期されたこともあってか,大規模な駅などでは利用者が集中し,入場規制がかかる,何キロにも及ぶ行列が発生するなどの現象が見られたようです.私は徒歩通勤なのですが,私の研究室の秘書さんも出勤時に駅までいったものの,あまりにも多くの人が押し寄せていて,諦めて一度自宅に戻ったようです.

 近畿圏ではよく行われている印象の強いこの計画運休,実は昨年の9月にも首都圏で行われており,この時も鉄道事業者による周知がうまくいかず,多少の混乱が起きたようです.今年の7月に国土交通省はこれを教訓とし,鉄道の計画運休のあり方に関して取りまとめを発表しており(参考3),ここでは利用者への情報提供や振替輸送のあり方,自治体への情報提供とともに,「48時間以内に計画運休の可能性を示し,24時間以内に詳細な運休計画を明らかにする」といった情報提供タイムラインを示しています.今回の台風襲来時はおおむねこのような教訓を経て.計画運休の決定やアナウンスに至ったものと推察されますが,今回いくつかの駅に多くの人が集中したこともあり,周知のタイミング,情報提供手段の多様性,復旧タイミングの各社調整などについて,この事例を踏まえた適切な検討が今後もなされるのではないかとおもいます.

計画運休・3つの効果

 さてこのような計画運休ですが,そもそもどのような効果があるのでしょうか.現在のところ筆者は,下記に示す3つの効果が計画運休についてはあるのではないかと考えています.

 ひとつめは計画運休の一義的な目的と考えられますが,「利用客の安全確保」という効果です.風や雨が強くなると鉄道は途中で運行できなくなることも考えられますし,突然鉄道が止まると駅などに多くの人が足止めされてしまいます.このような,危険な箇所に利用客が取り残されるという状況を避けるために,計画運休を行うというのが最もシンプルなメリットとなります.

 またもうひとつの効果として,「都市の外出者そのものの総量を減らす」というものが考えられます.計画運休が決まれば,それに応じてスケジュールを変更する,不要不急の外出を控える,などを行う人もいるでしょう.一番効果が大きいと思われるのが会社や学校の意思決定です.計画運休が行われるとこれらが休みになることも多く,結果として外出者そのものが著しく減少するものと考えられます.前述した国土交通省の「48時間以内に計画運休の可能性を示す」というステップは,このようなスケジュール変更などを早めに促すという目的があるものと考えられます.今回はともかく,平日の日中にこのような計画運休がなされた場合は,屋外にいた人が飛んできた看板に当たる,地理条件がよくわからない場所で災害に出会う,などのリスクをそれなりに低減できるものと考えられます.

 さらに,これは個人的な仮説ではありますが,計画運休によって「社会の危機意識が高まる」という効果もあるのではないかと思います.つまり計画運休を発表することで多くの人が非日常であることを意識し,避難場所を確認する,持ち出し袋を確認するなど避難の準備行動や危機回避行動を促すメッセージとなる可能性があります.

今回の台風15号では,気象庁が「夜には一気に世界が変わり,猛烈な風,雨になる」「今晴れているということで安心している人も多いかもしれないが,接近とともに世界が変わる」という非常に強いメッセージで呼びかけましたが,どれほどの人がこのメッセージで非日常を意識したでしょうか.何らかの行動変容を起こしたでしょうか.また,そもそもどれだけの人がこのようなメッセージを聞いたのでしょうか.これは今後の調査などで調べてみないとちょっとわかりませんが,通勤者や若い人にとっては計画運休のアナウンスのほうが,認知度は高く,台風をわが事として捉え,もしかしたら避難や災害対策に関連する何らかの行動を行った人もいたかもしれません.

このようなメリットを持つと思われる計画運休ですが,先述のように計画運休の発表が学校や会社の意思決定に大きな影響を与える以上,計画運休を発表するということは,都市の機能を止めるということに直結します.ですから今後検証を計るときは,「鉄道が復旧するかしないか」といった視点のみならず,都市機能を止めるか止めないか,といった幅広い視点でも検討いただきたいと思っています.

あわせて読みたい

「台風」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  3. 3

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  4. 4

    千葉のゴルフ場を悪者にする謎

    かさこ

  5. 5

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

  6. 6

    韓国政府の日本語サイトに苦言

    AbemaTIMES

  7. 7

    英軍の靖国参拝めぐる右派の誤解

    清 義明

  8. 8

    新型iPhone発売も内外から逆風

    ロイター

  9. 9

    原発処理水 進次郎氏がすべき事

    長尾敬

  10. 10

    元SMAPへ圧力濃厚 公取委の見解

    笹川陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。