記事

大人に気づかれないSNSいじめ はずし、拡散の狡猾手口

当事者にしかわからない新タイプの仲間はずれが起きている(イラスト/飛鳥幸子)

 いじめ防止対策推進法が2013年に施行されたことで、学校のいじめ対策が本格化、いじめ認知件数は増えることとなった。しかし、大人に見えづらいSNSを使ったいじめが蔓延することとなっている。

◆当事者にしかわからない新タイプの“仲間はずれ”

 仲のいい友達など複数人でメッセージをやり取りできるLINEの「グループトーク」。しかし、仲間内からいじめ被害者だけが外されたグループが密かに作られ、そこで悪口が展開されるというのが、よくあるケースだという。

 さらに、各グループトークではステータスメッセージ(ステメ)が設定できるのだが、この欄に仲間内だけでわかるような嫌がらせのメッセージを入力するなどのいじめも起こる。

 たとえば、いじめ被害者も参加しているグループなのに、プロフィール写真には、被害者だけが切り取られた画像が使われるというパターンも。トーク上では誰も悪口は言わないが、本人にだけ“仲間外れにされている”とわからせる陰湿な方法だ。

◆被害者をおとしめる画像を撮り、クラス中に拡散

 殴られているシーンや、無理やり性的なこと、恥ずかしいことを言わせているシーンを動画や写真に撮る、または、異性のクラスメートと話している場面の写真を撮って、「あの2人はつきあっている」「彼氏を盗られた」などのデマを流し、仲間内だけでなくクラス中、果てはYou Tubeなどで世界中に配信されてしまうケースもある。

 しかし、これらの方法は加害者側にもリスクが高いため、最近では、写真加工アプリで、被害者の顔写真をおもしろい顔や醜い顔に加工し、拡散するパターンが多いという。クラス中で笑いものにされ、被害者はかなり傷つくが、加害者を追及しても、「かわいいと思った」などと逃げられてしまう。

※女性セブン2019年9月19日号

あわせて読みたい

「いじめ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  3. 3

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  4. 4

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    ロッテ捕手 キャンプ中に妻不倫?

    SmartFLASH

  6. 6

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  7. 7

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  8. 8

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  9. 9

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  10. 10

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。