記事

訂正:中国PPI、8月は前年比-0.8% 3年ぶりの大幅マイナス


[北京 10日 ロイター] - 中国国家統計局が発表した8月の生産者物価指数(PPI)は前年比0.8%低下で、2016年8月以来の大幅なマイナスだった。7月は0.3%低下だった。

政府による早急な景気刺激策の必要性が浮き彫りとなった。

低下の主因は原材料価格の下落。ロイターがまとめたアナリスト予想は0.9%低下だった。

キャピタル・エコノミクスのリサーチノートは「需要サイドの価格圧力はますます後退しており、追加の金融緩和が予想される」と指摘。生産者物価のデフレは今後数カ月に悪化するとの見方を示した。

中国人民銀行(中央銀行)は6日、18年初め以来7回目となる預金準備率の引き下げを発表。アナリストの間では、企業の借り入れコスト削減のため来週一部の主要貸出金利が引き下げられるとの見方が広がっている。

8月の食品価格は前年比10%上昇。7月の9.1%から伸びが加速し、12年1月以来の高水準だった。豚コレラの影響で豚肉価格は46.7%の急騰で、上昇率が7月の27%からさらに加速した。

消費者物価指数(CPI)は前年比2.8%上昇。上昇率は7月から横ばいで、アナリスト予想(2.6%)を上回った。前月比では0.7%上昇。

食品や燃料を除くコアCPIは前年比1.5%上昇。7月は1.6%(訂正)上昇だった。

アナリストは食品価格の高騰が緩和政策の障害になるとはみていない。

オーストラリア・アンド・ニュージーランド(ANZ)銀行は「CPIは上昇しているが、人民銀は今年第4・四半期に金利を引き下げるだろう」と予想し、「中国の金融政策決定においてはPPIの低下のほうが重みを持つだろう」との見方を示した。

ゴールドマン・サックスはCPIが高水準にあることについて、「コアインフレは依然として緩やかなため、人民銀の金利引き上げにはつながらない」とした上で、大幅な金利引き下げをある程度抑制する可能性があるとの見方を示した。

*10日に配信した記事で、英文の訂正により、本文8段落目の「7月は1.3%上昇だった」を「7月は1.6%上昇だった」に訂正します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  2. 2

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  3. 3

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  4. 4

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  5. 5

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  6. 6

    盛れば盛るだけ信用低下! 印象操作に走る菅総理の愚

    メディアゴン

    06月18日 09:06

  7. 7

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  8. 8

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  9. 9

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  10. 10

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。