記事

訂正:中国PPI、8月は前年比-0.8% 3年ぶりの大幅マイナス


[北京 10日 ロイター] - 中国国家統計局が発表した8月の生産者物価指数(PPI)は前年比0.8%低下で、2016年8月以来の大幅なマイナスだった。7月は0.3%低下だった。

政府による早急な景気刺激策の必要性が浮き彫りとなった。

低下の主因は原材料価格の下落。ロイターがまとめたアナリスト予想は0.9%低下だった。

キャピタル・エコノミクスのリサーチノートは「需要サイドの価格圧力はますます後退しており、追加の金融緩和が予想される」と指摘。生産者物価のデフレは今後数カ月に悪化するとの見方を示した。

中国人民銀行(中央銀行)は6日、18年初め以来7回目となる預金準備率の引き下げを発表。アナリストの間では、企業の借り入れコスト削減のため来週一部の主要貸出金利が引き下げられるとの見方が広がっている。

8月の食品価格は前年比10%上昇。7月の9.1%から伸びが加速し、12年1月以来の高水準だった。豚コレラの影響で豚肉価格は46.7%の急騰で、上昇率が7月の27%からさらに加速した。

消費者物価指数(CPI)は前年比2.8%上昇。上昇率は7月から横ばいで、アナリスト予想(2.6%)を上回った。前月比では0.7%上昇。

食品や燃料を除くコアCPIは前年比1.5%上昇。7月は1.6%(訂正)上昇だった。

アナリストは食品価格の高騰が緩和政策の障害になるとはみていない。

オーストラリア・アンド・ニュージーランド(ANZ)銀行は「CPIは上昇しているが、人民銀は今年第4・四半期に金利を引き下げるだろう」と予想し、「中国の金融政策決定においてはPPIの低下のほうが重みを持つだろう」との見方を示した。

ゴールドマン・サックスはCPIが高水準にあることについて、「コアインフレは依然として緩やかなため、人民銀の金利引き上げにはつながらない」とした上で、大幅な金利引き下げをある程度抑制する可能性があるとの見方を示した。

*10日に配信した記事で、英文の訂正により、本文8段落目の「7月は1.3%上昇だった」を「7月は1.6%上昇だった」に訂正します。

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    吉村府知事の提案は試す価値アリ

    青山まさゆき

  4. 4

    うがい薬問題 PCRの曖昧さが露呈

    自由人

  5. 5

    北欧の集団免疫策 本当に失敗か

    幻冬舎plus

  6. 6

    レバノン爆発 ゴーン氏の家破壊

    ABEMA TIMES

  7. 7

    春馬さん「結局カネ」家族に悩み

    文春オンライン

  8. 8

    強い女性描かれぬオタク向け作品

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    バナナ食べる少女の広告Audi謝罪

    BBCニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。