記事

イギリスはどうして「合意なきEU離脱」に突き進むのか?混乱必至なのにそれでも支持者が増える理由

Getty Images

21人の党籍を剥奪する独裁ぶり見せるジョンソン英首相

[ロンドン発]英国のボリス・ジョンソン首相はどうして市民生活と企業活動を大混乱に陥れる「合意なき離脱」に突き進むのでしょう。与党・保守党の崩壊は進んでいるのに、それでも解散総選挙を望む理由は何なのでしょう。

ジョンソン首相は第二次世界大戦でヒトラーを打ち負かした英雄ウィンストン・チャーチル首相の孫ニコラス・ソームズ氏やフィリップ・ハモンド前財務相、「下院の父」の称号を与えられた下院議員歴49年のケネス・クラーク元財務相ら造反組21人の党籍を剥奪する独裁ぶりを発揮しています。

実の弟ジョー・ジョンソン氏は、左派系ガーディアン紙ジャーナリストの妻から「ボリスと私のどちらを選ぶの」と迫られ、「家族の絆と国益の間の葛藤を解消できなかった」と苦渋の表情を浮かべて閣外相と下院議員を辞職。

アンバー・ラッド雇用・年金相も「21人の党籍剥奪は政治的な破壊行為。ジョンソン政権は欧州連合(EU)との合意を十分に目指しているとは言えない。政府は80~90%の時間を『合意なき離脱』に割いている」と暴露して閣僚を辞任しました。

「保守党不毛の地」と言われてきたスコットランドで保守党の下院議員を1議席から13議席に増やした功労者ルース・デービッドソン氏もEU離脱を巡る党内の摩擦と家族と過ごす時間を増やしたいことを理由にスコットランド保守党党首を辞任。デービッドソン氏は同性愛者で第一子の男児を出産したばかりです。

前司法政務次官のフィリップ・リー下院議員はジョンソン首相が下院で先進7カ国(G7)首脳会議の報告をしている最中に、議場を横切って野党のEU残留派・自由民主党に鞍替えし、議場を驚かせました。

「合意なき離脱」賛成派の保守党の支持率は急上昇

窮地に追い込まれたジョンソン首相の解散総選挙動議に賛成した保守党の下院議員は284人。下院の実質的な過半数320議席(単純過半数は326議席)を大幅に割り込んでいます。しかし「合意なき離脱」に突き進むジョンソン保守党の支持率は逆に急上昇しています。

木村正人

選挙予想サイト、エレクトラル・カルキュラスは今、総選挙をすれば保守党は前回の318議席を350議席に増やすと分析しています。これに対し最大野党・労働党は262議席から193議席に激減。労働党のジェレミー・コービン党首はおいそれと解散に応じるわけにはいかないのです。

木村正人

君主のエリザベス女王に忠誠を示すことを拒否している北アイルランドのカトリック政党シン・フェイン党や議長・副議長を除いた与野党の勢力は、保守党と北アイルランドのプロテスタント政党・民主統一党(DUP)を合わせて357議席、野党は282議席になるそうです。

木村正人

「合意なき離脱」を支持する声が多い理由

解散という切り札を封じられたジョンソン首相は10月19日までにEUと合意できなければ、10月31日の離脱期限を来年1月31日まで再延長することが「合意なき離脱」阻止法で定められました。問題児のジョンソン首相もさすがに、これには従わざるを得ないでしょう。

野党としては、「EUに離脱期限の再延長を頼むぐらいなら野垂れ死ぬ」と開き直るジョンソン首相にブリュッセルで離脱期限を再延長させてから、世論調査をにらみながら総選挙に応じる腹積もりです。

保守党はすでにスコットランドとEU残留派の支持を失い、「合意なき離脱」を声高に叫ぶ新党・ブレグジット党に流れた票を奪還できなければ総選挙で惨敗を喫するのは必至です。しかし、どうしてこれほどまでに「合意なき離脱」を支持する声が多いのでしょう。

木村正人

仕事がなくなっても関係ない高齢者=年金生活者が増える

まず65歳以上の高齢者の人口割合が1976年の14%から2016年には18%になり、46年には25%まで増えることが挙げられます。保守党支持者の多くが白人英国人高齢者で、EU移民の流入が続いて生活環境が激変することを望んでいません。

年金生活者が多いので「合意なき離脱」で仕事がなくなったとしても痛くも痒くもありません。ジョンソン首相はこうした白人英国人高齢者のたった9万2153票で人口6560万人の英国の首相に選ばれたのです。

「置き去りにされた地方」の約9割が白人男性

英国では、EUの前身である欧州経済共同体(EEC)への加盟(1973年)、それに続く80年代のサッチャー革命で非効率な炭鉱は閉鎖され、製造業は淘汰されました。

英チャリティー団体ローカル・トラストによると、急激な産業構造の転換で「置き去りにされた」区(行政単位)がイングランドだけで206区、人口にして219万3000人もいるそうです。脱工業化が進んだイングランド北部と中部、高齢者の多い南部の沿岸部が中心です。

木村正人

パブ(大衆酒場)やコミュニティーセンター、集会場がなく、人のつながりが遮断され、地域社会に参加できない「置き去りにされた」区の白人英国人の人口割合は88%で、イングランド全体の平均80%や他の貧困地区の平均61%より高くなっています。

このためジョンソン首相は7月の就任演説で「政府は置き去りにされた町の声に答える」「必要とされる場所にお金を注ぎ込む」と宣言。100の町を支援する36億ポンド(約4743億円)の「町を強くする基金」に言及しました。

ローカル・トラストは報告書で次のように提言しています。

(1)英国で最も置き去りにされた地区の公的施設、人のつながり、地域社会への関与を支援する「地域幸福基金」を設けて、国債や社債・債券、株式、年金、保険基金から推定20億ポンド(約2635億円)を充てる。

(2)置き去りにされた地区の経済を発展させるため36億ポンドの「町を強くする基金」から適切な額を充てる。

(3)政府と市民社会の共同タスクフォースをつくり、置き去りにされた地区をどのようにレベルアップしていくかを検討する。

「人」だけではなく「モノ」の移動まで遮断するEU離脱

英国のEU離脱は「人(EU移民)の自由移動」だけでなくEUとの「モノの自由移動(貿易)」まで遮断しようとしています。それでも「資本の自由移動」は確保されると考えるのはあまりにも虫が良すぎます。

英国の選挙制度は単純選挙区で比例代表とは違って多くの死票を出す「勝者総取り」のシステムです。総選挙では「合意なき離脱」を望む白人英国人の高齢者と置き去り組の支持を受けたジョンソン首相が勝利する可能性は十分に残っています。

野党陣営は、離脱か残留か煮え切らない労働党と、残留派の自由民主党、スコットランド独立を党是とするスコットランド民族党(SNP)、保守党の造反組が軸になって、残留のための2回目の国民投票実施に向けた連合を結成できるのかが大きなポイントになります。

小異を捨てて大同につく野党連合を結成できなければ英国は「停滞」という名の長いトンネルに突入することになるでしょう。

あわせて読みたい

「ブレグジット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  2. 2

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  3. 3

    沢尻容疑者の裏に反社会的勢力か

    tokyo editor

  4. 4

    桜を見る会 中止のホンネ暴露か

    女性自身

  5. 5

    沢尻容疑者 逮捕直前まで夜遊び

    文春オンライン

  6. 6

    山本太郎現象で済まぬれいわ躍進

    田中龍作

  7. 7

    八千草さん 夫を駅で迎える素顔

    毒蝮三太夫

  8. 8

    配信中に滑落死した男性の私生活

    文春オンライン

  9. 9

    前夜祭 ホテル領収書が解明の鍵

    郷原信郎

  10. 10

    「夫婦の3組に1組が離婚」は嘘

    石川奈津美

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。