記事

子供の命より「家族」を尊ぶ日本社会の異常性

1/2

9月3日、目黒女児虐待死事件の初公判が行われた。この痛ましい事件はなぜ起こってしまったのか。何とかして虐待から子供を救えなかったのか。現代の「家族」をとりまく問題の根本に迫る――。


※写真はイメージです(写真=iStock.com/Rawf8)

「救われない」母親は、子どもを「救えない」

報道を聞くたび、胸の潰れそうな事件だ。2018年3月に東京都目黒区で当時5歳の船戸結愛(ゆあ)ちゃんが両親から虐待を受けて死亡したとされる目黒女児虐待死事件。結愛ちゃんが継父である雄大被告(34)による継続的な暴行で衰弱していくのをわかっていながら、虐待の事実が発覚するのを恐れて放置し死亡させたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親、優里(ゆり)被告の公判が9月3日から東京地裁で行われた。

初公判の冒頭から、優里被告は息が荒くなって泣き崩れるなどの心身症状を示し、弁護人が「過呼吸状態」と言うほど。優里被告は「通報しなかったのは、夫の報復が怖かったから」と述べ、弁護側は起訴内容を認めた上で「夫からの心理的な支配」を主張。優里被告の心身症状はトラウマが蘇(よみがえ)ることによるPTSDや自責の念によるものと暗に説明された。

これまでにもさまざまな専門家による分析で、結愛ちゃんが加えられ続けた虐待の陰には、再婚した8歳上の夫、雄大被告から優里被告へのDVの存在が指摘されている。虐待を放置したとされる優里被告は、虐待を受けている娘を「救わなかった」のか、「救えなかった」のか。

親失格と責めることは簡単だ。「夫に心理的に支配されるなんて弱い、気を強く持って子どもを連れて逃げれば良かったのに」と言うなら、じゃあそう言う者こそが「気を強く持って結愛ちゃんを連れて逃げてあげれば良かった」のだ。虐待事件の多くのケースにおいて、母親が孤独だ。それは、物理的に人に囲まれているかどうかを意味するのではない。

私たちは「家族」を過信しすぎていないか

かつて核家族は社会の最小単位と言われたものだ。そして、家族や夫婦の問題はその中で解決されるべきプライバシーともされてきた。それは、日本社会がどこか「家族」の力を過信していたからではないかとも思う。

「家族」であるかぎり、あるいは「夫婦」であるかぎり、それが自然と何らかの抑止力となって問題はその中で自己解決されることを期待されてきた。家族だからというただそれだけで、何か不思議な「自己治癒力」や「自浄作用」があると信じて。

家族を持って初めて一人前だとか、家族が一番だとかいった表現は、「家族とはいいものだ」と一筋も疑いを持たない人の口をついて出てくるように思う。だが婚姻の形がさまざまになった現代、いや結婚すること自体がデフォルトではなくなった現代、社会の最小単位は核家族から個人へとさらに細かい粒になった。私は最近、思っている。昔から、家族に自己治癒能力や自浄作用など、本当はなかったのじゃないか。社会に生きるための選択肢が乏しく、家族というものが個人の生存を保証する社会的なセーフティーネットとして機能していた時代には、「家族はいいもの」であってほしい、あらねばならない、と望んでいた人々がいただけのことなのではないか。

本当に家族がそんなにいいものだったら、誰も家族に失望することなく、家族を持つこととはずっと魅力的な「憧れ」であり続け、この時代、誰も彼も、他の何を犠牲にしてでも喜んで結婚して子どもを持っているはずだ。だが昭和も平成も、この令和でさえ、私たちはさまざまな家族の問題や家族の悲惨な事件を見聞きし、そのたびに家族なるものへの期待が少しずつ削(そ)がれていく。それなのに、なぜ私たちはいまだに「家族」を信じているのだろう。

あわせて読みたい

「家族」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クルーズ船感染は人災? 医師告発

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    野村さんの遺体写真を投稿し賛否

    AbemaTIMES

  3. 3

    安倍首相のねつ造答弁は言語道断

    大串博志

  4. 4

    新型肺炎 シンガポールから拡散

    ロイター

  5. 5

    長妻氏側が山本太郎氏側に圧力か

    田中龍作

  6. 6

    落ち込んだGDP どうなる日本経済

    ヒロ

  7. 7

    宗男氏 辻元氏の質問は意味ない

    鈴木宗男

  8. 8

    ANAホテルが称賛されるおかしさ

    女性自身

  9. 9

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  10. 10

    我が子に完敗したオタクの限界

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。