記事

地下鉄サリン「霞ケ関駅」の地獄をみた人たち

1/3

1995年、麻原彰晃を尊師とするオウム真理教が引き起こした地下鉄サリン事件。その惨劇の現場を実況中継する――。

※本稿は、松井清人『異端者たちが時代をつくる』(プレジデント社)の第1章「『オウムの狂気』に挑んだ6年」の一部を再編集したものです。

オウム真理教の信者によってサリンが散布された電車が停車中の地下鉄霞ケ関駅構内に向かう化学防護服を着用した東京消防庁化学機動中隊の隊員=東京都千代田区霞が関で1995年(平成7年)3月20日、東京本社写真部員撮影 - 写真=毎日新聞社/アフロ

地下鉄の惨劇

「オウムだ。間違いない。やったのはオウムだ」

テレビのニュース速報を食い入るように見つめながら、私は何度も呟いた。

1995(平成7)年3月20日、月曜日の朝だった。

オウム真理教の5人の信徒が、猛毒のサリンを入れたポリ袋を新聞紙で包み、先の尖ったビニール傘を持って、別々の地下鉄に乗り込んだ。傘の先端が尖っているのは、袋に突き刺して穴を開けるためだ。

5本の列車が交わるのは、都心の霞ケ関駅。朝8時前後にこの駅へ差しかかる各線は、中央官庁に勤める公務員の通勤ラッシュで満員になる。警視庁や警察庁、検察庁の職員が多く利用する時間帯に最大の被害を出し、教団への強制捜査を遅らせることが、教祖・麻原彰晃の狙いだったという。

霞ケ関駅への到着予定時刻は、

千代田線・我孫子発、代々木上原行が、8時11分。
丸ノ内線・池袋発、荻窪行が、7時58分。
丸ノ内線・荻窪発、池袋行が、8時9分。
日比谷線・中目黒発、東武動物公園行が、8時14分。
日比谷線・北千住発、中目黒行が、8時6分。

5人の実行犯は、霞ケ関駅に着いたときにサリンが車内に充満するよう、3駅から5駅手前でポリ袋に傘を突き刺し、地下鉄を降りた――。

駅構内に広がる刺激臭

世界初の化学兵器テロ、日本で最大の同時多発無差別テロが炸裂する。13人が亡くなり、6300人以上の負傷者が出た。25年近くたった今も、視力障害や痙攣など、重い後遺症に苦しむ人がいる。

もっとも多くの死者を出したのは、⑤の日比谷線だった。小伝馬町駅で4人、八丁堀駅で1人、築地駅で3人。

『週刊文春』(95年3月30日号)は、サリンの恐怖を目の当たりにした人々の生々しい証言を載せている。

56歳の会社員、石井正武さんは、八丁堀駅で⑤に乗車した。

〈緊急停止ベルが鳴ると、石井さんが乗っていた日比谷線の車内はパニック状態となった。

「人が倒れたぞ!」
「電車を止めろ!」

叫び声が飛び交う。数分後、電車は隣の築地駅に到着。ホームにいた駅職員は、車内で苦しそうに助けを求めて手を振る女性を発見。慌てて電車に駆け寄ると、開いたドアから乗客五人が、口から泡を吹きながら、転がり出てきた。

駅構内にたちまち刺激臭が広がる。ホームにそのままへたり込んだ人が7、8人。一人はベンチにグッタリとくずおれてしまった。〉

あわせて読みたい

「地下鉄サリン事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    父逮捕で娘が「お嬢様」から転落

    幻冬舎plus

  2. 2

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  3. 3

    告発した岩田医師の行動は成功

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    みずほ銀行描いた本 衝撃の内容

    キャリコネニュース

  5. 5

    北の病院で12人死亡 新型肺炎か

    高英起

  6. 6

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  7. 7

    韓国の肺炎感染者 4日間で11倍に

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    新型コロナが芸能界に落とす影

    渡邉裕二

  9. 9

    銀座商店「震災時より人少ない」

    田中龍作

  10. 10

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。