記事

参議院―多様性の包摂による良識の府の再生に思いを馳せる

[画像をブログで見る]

平成から令和に年号が変わった2019年。「猪年」の今年は、選挙イヤーとも言われ、4月は統一地方選、7月末には参議院選が行われた。選挙から月日が流れているが、参議院選関連のニュースなどは未だ続くのを見ると、メディアも国民を巻き込んで12年に1度の選挙イヤーを最後まで噛み締めようとしているようにも思える。

衆議院と参議院と2つある日本だが、193か国中79か国、サミット参加国に関しては全てが二院制と世界的にみると決して珍しくはない。

日本の参議院は、戦前の貴族院からその役目を引き継いだ。1947年の第1回参議院は、旧貴族や文化人など政党無所属議員で形成する「緑風会」が中心的な役割を果たす形で幕を開けた。この時点で、非政党的でかつ良識の府としての参議院を追求する議員の数は圧倒的で、議長までを無所属であるべきとこだわり抜いた。
そんな参議院も、回数を追う毎に政党化が進み、1965年の第7回参議院からは「緑風会」の姿が完全に消えた。多様性のともし火が消え、単調化に向け日本政治の歴史が動いた瞬間でもあったろう。

一人一人の議員の良心や信念にもとづく空間としての参議院の政党政治化によって雰囲気が様変わりした。与党が参議院でも力をもつと衆議院と全く同一の意思を示し「カーボンコピー」と揶揄され、逆に野党が力をもち衆議院と正反対の意思を示すと「決められない政治」と言われるようになった。参議院は、日本の政治は、単一化と対立化の二つに一つであると露呈させる場となった。

今の参議院は「良識の府」の美称とはかけ離れた姿になっているといえば言い過ぎになるだろうか。参議院は、時代の流れの中で、政党政治の侵食によって変化を遂げたのは仕方がないせよ、院内の中立公正の視点に立った良識までもが、それによって反比例する動きになるならば一度立ち止まって考える必要はなかろうか。

日本としても時代に応じて進化できる好機となりえた「令和」初の国政選挙となった第25回参議院選挙も極論すれば何の変哲もない目新しさに欠けた言わばいつもの選挙となった印象は拭えない。50%を切る投票率がその証拠であるにちがいない。

ニュースなどを振り返ると、むろん全くなかったわけではない。車椅子での登院のための改修工事をしている映像見ながら、微かであろうとも日本から忘れ去られている「良識の府」としての参議院の姿に思いを馳せたのは私だけだろうか。

「良識」を辞書で引くと「偏らず適切・健全な考え方。そういう態度の見識。」と出てくる。冷静に考えれば、「人間」においても取り巻く「環境」においても「違い」と「変化」しか存在しない。そして世の中はそれらの「ちがい」が表面化する傾向が益々進む一方である。

山積みとなった日本の課題を解決しながら、持続発展可能な方向で日本を前進させるために必要な中立公正な「良識」を万能にもちあわせている人間はいるまい。形成員の多様性、つまりその空間に包摂される「ちがい」の幅と深さこそが問題解決の力と偏重なき中立公正な良識をもたらすのでる。

政治の場に限らず多様性の包摂に向け日本でなされている努力を評価とすると同時に「性」に対する多様性の偏重が否めない。長い歴史的な努力も虚しく未だ前進しない性的多様性の包摂を急ぐと同時に、集中のし過ぎによる他の多様性を見落とないようにしなくてはならない。

政治に対する国民の人気を取り戻し、おもしろきなき日本を面白く、夢のある国にするためにも、参議院においては、衆議院との差別化と政党色を和らげた公正中立な「良識の府」を蘇らせることが鍵となりうるのではないか。皮肉にも政党によって乗っ取られた参議院を多元的な国民の意思を反映できる「良識の府」として再び解放させてもらうには政党の力が必要となる。

国によっての普遍的な問題に対する認識はもちろんだが、多様性に裏付けされた中立公正な良識を発揮できる候補者擁立を競い合い、政党の枠組みでしか物事を考えなくなっている習慣を打破し、中立公正な国の良識を発揮してくれる人選を意識してもらいたい。 

かつての「緑風会」のように「愛と正義にもとづく政治」や「自由と秩序の調和による共同福祉」などを掲げた良識の府としての参議院が再生するすれば日本は、今より強く、優しく、しなやかで、美しい国、そして面白い国になるにちがいない。

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「参議院」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    景観重視で堤防拒否した二子玉川

    田野幸伸

  2. 2

    八ッ場ダムが活躍? 称賛を危惧

    藤田哲朗

  3. 3

    非喫煙者も責任? 条例に区議苦言

    大田区議会議員奈須りえ

  4. 4

    ホームレス拒否への批判に疑問

    永江一石

  5. 5

    矢沢永吉に苦情 不謹慎探す社会

    常見陽平

  6. 6

    歴代大統領ほぼ訴追する韓国検察

    WEDGE Infinity

  7. 7

    高尾山の台風被害 迷惑登山客も

    清水駿貴

  8. 8

    荒れた日韓関係と無縁のラグビー

    新潮社フォーサイト

  9. 9

    橋下氏 八ッ場ダム活躍は偶然か

    PRESIDENT Online

  10. 10

    電気代に裏金乗せるヤクザな関電

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。