記事

GDP2次速報、4─6月は年率+1.3% 設備投資減で下方修正


[東京 9日 ロイター] - 内閣府が9日発表した4─6月期実質国内総生産(GDP)2次速報値は、前期比0.3%増、年率換算で1.3%増だった。3四半期連続のプラス成長となったが、1次速報の前期比0.4%増、年率1.8%増から下方修正された。

民間設備投資が前期比0.2%増と、1次速報の同1.5%増から下方改定されたことが響いた。

ロイターの予測中央値は、実質GDPは前期比0.3%増、年率1.3%増、設備投資は前期比0.7%増だった。

内閣府は「内需がある程度押し上げて、外需が押し下げるという大きな形に変更はない」と総括した。

民間設備投資は、1次速報では供給側の数字がベースになっているのに対し、2次速報では法人企業統計など需要側の統計が加味されており、これが下方修正の要因となった。寄与度はプラス0.2%から0.0%に低下した。

米中貿易摩擦への懸念で、設備投資を控える動きが広がっていることが影響した格好だ。

内閣府は「供給側の統計が比較的堅調だったのに対して、法人企業統計の数字がソフトウェアを除くベースで前年比マイナスになるなど思わしくなく、改定幅が大きくなった」と説明した。

この結果、設備投資を含む民間需要は前期比0.4%増と、1次速報の同0.7%増から下方修正された。寄与度もプラス0.5%から同0.3%に低下した。

民間最終消費支出は前期比0.6%増で、1次速報と変わらなかった。

一方、国内需要を民間需要とともに支える公的需要は前期比1.3%増と、1次速報の同0.9%増から上方修正された。政府最終支出と公的固定資本形成が上方改定されたことが影響、寄与度もプラス0.2%から同0.3%に上昇した。

内需と外需を寄与度でみると、内需はプラス0.6%と1次速報の0.7%から低下。一方、外需はマイナス0.3%で1次速報と変わらなかった。

※内容を追加しました。

(志田義寧 編集:内田慎一)

あわせて読みたい

「GDP」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    肺炎対応で読み取る各国の戦時中

    奥山真司

  2. 2

    辻元氏が個人党会費の転用を否定

    辻元清美

  3. 3

    TBS出演医師 テレ朝でも政府批判

    水島宏明

  4. 4

    カリフォルニアで8400人感染疑い

    ロイター

  5. 5

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  6. 6

    楽天の三重苦 送料無料は無理筋

    大関暁夫

  7. 7

    コロナ検査で病院へ行くのは愚か

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    紅白出場歌手 薬物で逮捕寸前か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  10. 10

    「安倍首相どこ」肺炎対応で批判

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。