記事

虐待死は児相機能強化や人員増では根絶できない

1/2
去る、8月28日に地域政党自由を守る会の新人メンバーである白川愛目黒区議、高浜なおき文京区議、さんのへあや江東区議とともに、午前中は江東児童相談所、午後は品川児童相談所の視察を実施していました。

9月3日より、目黒区5歳女児虐待死事件の保護責任者遺棄致死罪にかかる被告(母親)の裁判員裁判の初めての公判が始まるという直前のタイミング、さらに鹿児島県出水市で虐待死事件がこの日に明らかになる中での、東京都児童相談所事業と一時保護所の視察は、子どもの人権問題に率先して取り組む私達には、永遠に消えない課題認識が灯る一日となりました。

▲5歳女児虐待死事件が発生した目黒区を所管する品川児童相談所にて

【児相担当者の奇妙な意識のズレ】


毎日行われている公判では、耳も目も覆いたくなるような事実が明らかになって来ております。

各紙報道されていますが、ハフポスト日本版ニュースエディターShino Tanaka氏の記事が、書き手の情熱とあたたかな人間性が感じられ、見やすく、大変わかりやすくまとまっているので是非皆様もご一読されることをおすすめいたします。

保護者らが犯した罪については司直の手にゆだねるとして、私が目を引いたのは、
「助けての一言が言えない」母親はなぜ支援の手を振り払ったのか【目黒5歳児虐待死裁判・母親への質問②】の記事中の、児童相談所担当者と被告である母親とのやりとりでした。検察官の「なぜSOSの声を、警察や児相、医療機関にあげなかったか」という問いに対して、医師も(夫からの暴力からによる)アザを見ていたはずだし、児相担当へは「苦しくなったら自分の太ももを叩く」と伝えたところ「ああそうなんですか」というような反応であったとのこと。被告なりに婉曲に助けて欲しいというサインを出していたにもかかわらず受け止めてもらえなかったのではないか?という印象を私は受けましたし、被告も「できる最大限の、助けてとは言えないんだけど、SOSは出したとは思っています。」と述べていたと、記事にはありました。

児童相談所対応に関して私も保護者等からたびたび相談を受けることがありますが、その主訴は担当者の共感に乏しい硬直的対応、二転三転する発言等々共通するものがあり、この奇妙に心のキャッチボールができてないやりとりはどこかで見た目に浮かぶ心象風景でした。

【父親の二度にわたる書類送検を見落とした品川児相】


東京都児童相談所で「東京都児童相談所一時保護所外部評価結果」が公表されています。この内容も鑑み弁護士ら第三者委員による「意見書【東京都児童相談所一時保護所】」が3月29日内藤淳東京都福祉保健局長に提出されていました。


注目の中身はこちらをクリック!

意見書は、一時保護所の者ですが、中身を精査していくと、私達も実際に視察をして心にひっかかる漠然とした問題意識が、見事に指摘されていました。

子ども達に対して「不合理なルールの存在」「子ども同士で『目をあわせないように』『後ろを向くように』と言われ、下を向いていた。」「笑うこともできない」(26P)
「みんなの前で怒鳴られた」「『うるせぇな、黙ってろよ』『ざけんじゃねーよ』と言われるなど言葉遣いが悪い職員がいる」(27P)
「トラブルの対策として、他の子どもについ厭なことを言ってしまう子どもなどに、壁に向かって食事をさせている」(29P)
「職員にゆとりを」「困難な状況の中で、緊張が続く職員の負担は大きく、ゆとりがなくなっているように思われます。」「職員や課長代理にもう少し笑顔になって欲しい」(36P)
これを見れば、100件前後の事案を抱えている虐待対応担当職員も同様にゆとりがなくなっているであろうことが、容易に想像ができます。今回の事件でも一時保護のタイミングを見失うと同時に、被告となってしまった母親の前述したSOSサインを見落としてしまっていたわけです。さらには、事務レベルの重大な見落としも発生していました。主犯格の父親は、香川県では一時保護の度に傷害事件で二度も書類送検をされていたのです。一体いつ、品川児童相談所、および福祉保健局がこの事実を知ったのか私が文書質問で質しても

「平成30年1月29日、香川県から目黒区に転居してきた一家について、電話で連絡を受付。その内容は、香川県内で過去に2度、児童が一時保護されたなど。都の児童相談所から香川県に対し、関係資料の送付を依頼。 香川県の児童相談所から1月30日にFAXで概要が、1月31日付けで詳細資料の送付があり、この詳細資料の中には、2度の書類送検などの記載有。」

と「記載はあった」にとどまる答弁しか出来ず、視察の際、品川児相所長(事件発生時も同所長)に確認するも不明ということでした。結局、女児が亡くなり事件化するまで、最も注視しなければならなかった、二度の書類送検が、事務レベルで見落とされていたと言わざるを得ない実態が明らかになったわけです。

あわせて読みたい

「児童虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  2. 2

    JESSE被告「コカインなめた」

    阿曽山大噴火

  3. 3

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  5. 5

    佐野史郎 病室では寝たきり状態

    女性自身

  6. 6

    桜を見る会予算を国民向けに使え

    柚木道義

  7. 7

    大嘗祭反対集会? 朝日記事に疑問

    和田政宗

  8. 8

    「山本太郎都知事」はあり得るか

    PRESIDENT Online

  9. 9

    朝日のがん治療本PR見直しを称賛

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    自民も警戒 立民の「閣下」とは

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。