記事

この15年で130万人の営業マンが消滅したワケ

1/2

国勢調査によれば、日本には2000年まで468万人の「営業職」がいた。ところが2015年までに336万人に減った。営業マンはどこへ消えたのか。統計データ分析家の本川裕氏は「ITによる流通の構造変化により、事務職に取って代わられたようだ」という——。

本稿は、本川裕『なぜ、男性は突然、草食化したのか』(日本経済新聞出版社)の一部を再編集したものです。

躍進する職業は時代を反映「工業化・ハイテク化で伸びた職種は?」

ネット社会化は、通信費の負担増大ばかりでなく人々の雇用や職業の構造についても影響を及ぼしつつある。ここでは、まず、その実態に関わるナゾに迫ってみよう。

図表1は、国勢調査の行われた5年おきに、就業者数の増加率がトップ、および2番目の中分類の職業を列挙したものである。

国勢調査の躍進職業(中分類)から時代の変遷が浮かび上がる


高度成長期の1960年代後半までは、工業化が著しく進み、それとともに企業社会が大きく成長した時代であり、職業的には、機械工・修理工などが急増し、それとともにドライバーなどモータリゼーション職種や企業社会の進展に不可欠の管理職や技術者などの躍進が目立っていた。

1969年にGDP(国内総生産)世界第2位となった日本は、その後、経済成長の果実として余暇やレジャーなど個人生活が重視される時代が到来した。70年代は、前半も後半も、そうした要請に応え、生活面の充実に寄与する「その他の専門・技術職」が躍進した。

それとともに、高度成長期の「作れば売れる」時代が73年のオイルショックとともに終わり、企業活動にとって経理や販売部門の役割が強まり、70年代には「公認会計士」や「営業マン」が躍進職業となった。

安定成長期に入った1980年代前半の特徴は、何といってもハイテクブームである。躍進職業の1位が「技術者」、2位が「科学者」だったことがこの時代の世相を如実に示している。

1980年代後半、高齢化を反映して「ケア関連職種」が急増した

1980年代後半からはバブルの時代である。レンタル店などバブル経済と関連するとも思われるサービス職が増えてくる。しかし、これを上回ってケア関連のサービス職が増えてくる。

ここでケアとは保育、医療、介護、癒しなどを広く意味している。高齢者の急増を背景に、社会福祉に関し、専門・技術職というより末端を支えるサービス職の大量需要が発生するのである。ここで専門・技術職とサービス職の区分は、高度の専門性・技能・訓練の有無によるものとされている(ただ、栄養士が前者、調理師が後者に属するものとされているように社会通念に影響されているところもある区分である)。


※写真はイメージです - 写真=iStock.com/SetsukoN

1990年代以降は「ケアの時代」が本格化した時期であり、当初は、施設福祉の職員、その後、在宅介護のホームヘルパーの大量需要といずれもサービス職の躍進が目立ち、その後、2000年代後半からは、ケアマネジャーなど社会福祉分野の専門・技術職へと重点がシフトした。ケア関連職業は躍進職業の先頭に長らく立ち続けている。

社会的に重要性が増していても、確立した職業として認められるまでに時間がかかり、職業分類上、長らく「その他」に区分され続けることがある。

ホームヘルパーや施設の介護職は、現在はともに職業中分類では「介護サービス職」とされ、小分類でそれぞれが独立して区分されているが、こうなったのは2010年の国勢調査からであり、両者とも長い間中分類「その他のサービス職」の小分類「他に分類されないサービス職」の一部とされていた。

00年になってようやくホームヘルパーは中分類「家庭生活支援サービス職」の下の小分類として独立、施設の介護職の中分類は「その他のサービス職」と変わらないが、その下での小分類として独立したのである。

ドラマ「北の国から」に見るケアの時代に人々の人生観

経済発展への寄与、あるいは世帯の所得向上が重要と考えられていた時代から、社会福祉や思いやりの精神が重視される時代へとシフトが起こった。

2002年の9月に放映された「北の国から」の最終回で、純(吉岡秀隆)は、近くに住む恩人への借金返済を滞らせたため、親元である五郎(田中邦衛)の所に帰れなくなっていたのだが、老人となったこの恩人宅をたまたま訪れることになった。純は、からだが不自由となっていたこの老人に対する下の世話まで含めたケアの継続を決意したとき「どうしようもなく熱いものが、ぼくの心をつきあげ」、これをきっかけに人生に対して前向きになり故郷で身を固めることになった。このドラマは人生の目標を「豊かさ」というより「ケア」におこうとする新しい時代精神を示していたと思う。

あわせて読みたい

「営業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    読売の陰謀? 続くプロ野球不祥事

    文化通信特報版

  3. 3

    おしゃれの時代はユニクロで終焉

    fujipon

  4. 4

    元SMAPへ圧力濃厚 公取委の見解

    笹川陽平

  5. 5

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  6. 6

    日本なんて要らない? 韓国の本音

    PRESIDENT Online

  7. 7

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  8. 8

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

  9. 9

    資材大手の不正 事業拡大がミス

    川北英隆

  10. 10

    部落差別に罰則求めるのは逆効果

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。