記事

「体を売って稼いでこい」兄の暴力に絶望した私は、復讐のために自殺を決意した いま辛い環境に置かれているあなたに伝えたいこと - 吉川 ばんび

1/3

「殺すか、死ぬか。それとも、殺して、そのあと自分も死ぬか」

 すさまじい憎悪は、人間をいとも簡単に狂わせることができます。かつて狂人と化しつつあった自分は、10代から20代前半にかけて、殺意と自殺願望にとり憑かれたような心持ちで日々を送っていました。

怒鳴りながら私や母を殴る

 物心つく頃にはすでに、私が生まれ育った家庭は正常に機能していなかったように思います。兄が毎日のように暴れまわるせいで壁は穴だらけ、部屋のドアは蹴破られ、床にはありえないほど物が散乱していて、我が家はとても人を呼べるような環境ではありませんでした。

©iStock.com

 ドアが破壊されたのは私と母が共用で使っていた6畳ほどの部屋で、廊下との仕切りがないために、常に兄から行動を監視されていて、思春期以降は、着替えすら落ち着いてできないのが苦痛でした。

 兄は気に入らないことや不安なことがあると、怒鳴りながら私や母を殴ったり、物を投げたりしました。身体中にあざが残るのはよくあることで、ときには顔が血まみれになったこともあります。女である私が兄に力で敵うわけもなく、私たちはほとんど抵抗せず、兄の怒りが収まるのを待つことしかできませんでした。

金が底をつくと私に「学校で誰かの財布を盗んでこい」

 私は自分が殴られるより、母が殴られるのを見る方が嫌でした。母も同じく、私が殴られるのを一番嫌がりましたが、兄はそれを知っていたので、私に言うことを聞かせたいときは母を、母に言うことを聞かせたいときは私を殴りました。互いを人質に取ることで、兄は自分の要求をスムーズに通していたのです。

 中学2年生くらいから不良たちとつるむようになった兄は、学校へもろくに行かず、夜な夜な遊びに出かけるようになりました。遊ぶ金ほしさに母から金を巻き上げ、金が底をつくと私に「学校で誰かの財布を盗んでくるか、体を売って稼いでこい」と罵声を浴びせて、暴れたり殴ったりするのを繰り返すのでした。

 当時、私たちを助けてくれる人はいませんでした。そもそも、母から家庭内暴力を「恥ずかしいことだから誰にも言っちゃいけないよ」と言われていたため、SOSを出すことさえできなかったのです。もしもこのとき、誰かに助けを求められていれば、私の未来は少しでも変わったのかもしれません。しかし、子どもにとって「家庭」や「学校」は日常のほとんどを占める場所である以上、まるで「そこからは絶対に逃げられない」かのように錯覚してしまうのです。実はそんなはずもないのに、今自分が置かれている環境が世界のすべてだと感じて、居場所を守るために激しく執着したり、とてつもない絶望感を持ってしまうのです。

あわせて読みたい

「家庭内暴力」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国内外で「ナカムラ」の死悼む声

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    年収10倍のマイホーム購入は危険

    内藤忍

  3. 3

    森ゆうこ氏の情報漏洩は人権侵害

    塩崎恭久

  4. 4

    韓国で成功諦める低所得層の実態

    ロイター

  5. 5

    馬毛島の買収は高評価されて当然

    原田義昭

  6. 6

    よしのり氏 中村医師の死は残念

    小林よしのり

  7. 7

    政府が26兆円の経済対策を決定

    ロイター

  8. 8

    織田信成を告発 モラハラ受けた

    NEWSポストセブン

  9. 9

    HIV新規感染 7割が男性同士のSEX

    AbemaTIMES

  10. 10

    薬物で息子2人を失った母の告白

    木村正人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。