記事

アマゾンの自然保護の実態

今年、アマゾンでの火災が話題になっている。このニュース、ブラジルを去る直前まで知らなかった。今回、飛行機から見る風景に煙はなかった。現地では1回だけ焼き畑の煙を見たが、半日程度で終わった。アマゾンは広い。でも、これで安心してはいけない。

今回宿泊したロッジ、ウアカリとジュマの差は歴然だった。ウアカリでうるさいほど飛んでいた鳥がジュマでは少なかった。

日本人の現地ガイドにそのことを伝えたところ、知る限りのことを尽くし、いろいろと案内してくれたようだが、それでも結果は差が歴然としていた。現地ガイドが言うには、ウアカリは世界自然遺産だし、保護地域に指定され、その後に動物が増えたそうである。

ジュマの周辺は保護地域に指定されていない。だから大型の動物が捕食されているとのこと。カイマンもウアカリほどの数がいなかった。ジャングルハイキングに出かけた地域では、かつて湿地にバクがいたそうだが、いつかしら現地の住民に食われてしまったとか。イルカは、さすがに泳ぎが速いからだろう、まだアマゾン流域に多いようだったが。

ついでに書くと、自然が保護されているウアカリだが、それでも動物の密猟が絶えないそうだ。とくにマナティの密猟がひどいとか。

「そんなの極刑だな」と思ってしまうのだが、殺人は罪だが戦争は罪でない人間社会と一緒で、政府もしくはその許可による自然破壊が許されるのが今の人間社会である。日本でも、「森林を大切に」との標語の横で、政府の許可を得た自然林の大規模な伐採が行われている。いかに身勝手を阻止するのか。原則はともかくとして、現実において難しい問題である。

もう1つはプラスティクのゴミである。アマゾン流域、見たかぎり、そのゴミをほとんど見かけなかった。10年以上前に見た揚子江の三峽下りとは大差だった。とはいえ、皆無ではない。

水中に棲む生物にとってプラスティクは脅威だろう。いかにプラスティクのゴミを防止するのか。これは先進国全体で考えないといけないテーマだし、E(エコ、環境)とS(ソーシャル、社会性)を標榜する企業としては心底注力すべき地域だろう。「担当者がアマゾンに行ったことあるの」と、そのうち質問しないといけない。

写真はホエザルである。ジュマ・ロッジで飼われていて、ゴミ箱を漁ろうとしている。

もう1匹、大きな灰色のサルも飼われていた。調べたところ、フンボルトウーリーモンキーらしいのだが、不確かである。この三段腹のサルもアップしておく。

ペット化した野生のサル、今のアマゾンの象徴である。

あわせて読みたい

「アマゾン森林火災」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  4. 4

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  5. 5

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  6. 6

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  7. 7

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  8. 8

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  9. 9

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  10. 10

    困っている人を見て見ぬふりはトラブル回避の自己防衛?親切が悲劇を招くことも

    諌山裕

    06月14日 12:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。