記事

英議会離脱延期可決 混迷深める英国

欧州連合(EU)からの離脱の期日が10月末に迫っている英国で、ジョンソン首相の強引な政治手法が、混迷に拍車をかけ、異常な事態になっています。「合意なき離脱」も辞さないジョンソン首相は、8月下旬に、9月9日の週から1ヵ月の議会閉会を決めました。与野党の反対派に審議の時間を与えない戦術、といわれています。

これに対して、議員たちが「クーデター」だと強く反発し、市民の抗議活動も広がったのは、当然のことだと思います。議会制度が生まれた英国とは思えない状態です。

夏休み明けの9月3日に再開した議会で、反対派が反転攻勢に出て、下院に離脱延期法案の審議を求める動議を提出しました。この離脱を10月末から3ヵ月先送りする法案が、英下院で4日に、超党派の賛成によって可決されました。

与党・保守党からも21人が造反して賛成しました。この法案は、議会がEUとの合意案を承認せず、「合意なき離脱」にも賛成しない場合、3ヵ月の離脱延期をEUに要請するよう.政権に義務付けるものです。そして、この超党派の法案は、6日、英議会上院でも可決されました。これで、法案は9日にエリザベス女王の裁可を受けたうえで、正式に法律として成立する見通しです。

ジョンソン首相は、10月の解散総選挙を提案しましたが、野党の反発で否決されました。離脱延期法案を用いて、「合意なき離脱」の芽を摘むことを優先する労働党が棄権したほか、ほかの野党も反対し、総選挙の実施に必要な全議席の3分の2(434)以上の賛成を得られなかったからです。

政権は、議会の解散もできず、不安定な立場で離脱交渉を進めることになる、といわれています。EU離脱を巡る最大の焦点は、英領北アイルランドとEU加盟国アイルランドとの国境管理で、メイ前政権は、国境検査を復活させないよう、自由な往来を維持しながら税関検査を行う方策が見つかるまで英国がEU規則に従い続ける、という条項で、EUと合意していました。これを問題視した離脱派は、合意案を繰り返し否決し、メイ氏は辞任しました。

ジョンソン氏は、EUに条項の削除を求めていますが、国境管理の現実的な対案は示していません。最悪の事態である「合意なき離脱」が現実のものとなれば、英国の国民生活に大きな影響がありますし、国際的にも影響は計り知れません。それなのに、ジョンソン氏は、強気な態度を示すだけで、国内、国外ともに、対話には後ろ向きです。このままでは、混迷が深まるばかりですから、対話による解決を探るしなかいと思いますが。

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  8. 8

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  9. 9

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

  10. 10

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。