記事

原発ゴミ山の異様光景。原発から50キロ離れた飯舘村に山盛りに。福島原発事故から8年の今も悲劇




このすさまじい光景。
海外ではない。
今の日本です。
もう多くの人がとっくに忘れた福島原発事故から、もう8年も過ぎた2019年の今も原発事故に苦しんでいる場所がある。
福島原発から50キロも離れた飯舘村だ。

飯舘村に原発はない。
原発から50キロも離れている。
にもかかわらず、2011年の原発事故の際の風向きのせいで飯舘村は放射能汚染され、高い放射線量のため全村避難を余儀なくされた。

しかし除染作業により全村避難は2017年に解除された。
もう「安全」ですと。




しかし。
その除染作業によって出た除染廃棄物の山ー原発ゴミが、村のいたるところにうず高く積まれている。
「これで村に帰れますか?」
「これで村は安全なのですか?」

除染廃棄物は福島原発事故を起こした福島第一原発のある、双葉町や大熊町の中間貯蔵施設に運ばれるはずだが、今もなお飯舘村に除染廃棄物が山盛りになっている。

仮にこれらの除染廃棄物が中間貯蔵施設に運ばれて、果たして飯舘村は安全なのだろうか?
除染廃棄物置場となった場所で農業や畜産業をはじめられるのか。




そもそも除染したとはいえ、以前より空間線量は下がったとはいえ、除染の目安とされている毎時0.23マイクロシーベルトを超えている場所も多かった。

原発事故から8年が過ぎてもこのような場所があることを、日本人ならぜひ知ってほしい。
しかも飯舘村は原発の恩恵を何も受けていない。
原発リスクと引き換えに故郷を金で売って、多額の見返りを享受した原発立地地域ではないのだ。

原発がないのに、原発から50キロも離れているのに、原発事故のせいで村が破滅的被害を受けた。

ちなみに2019年9月現在、飯舘村に住んでいるのは1345人。
村から避難しているのは4191人にもなる。(飯舘村ホームページより)

避難解除されてから2年たっても、村に戻ってくる人は少ない。
いやこの状況では戻りたくても戻れないだろう。

原発のおそろしさは、原発から遠く離れた原発とは何の関係のない町が壊滅的打撃を受けてしまうこと。

日本人なら忘れないでほしい。
今もなお現在進行中の原発の悲劇を。
飯舘村の悲劇を。


あなたの町も風向きなど運が悪ければ、二度と戻れない原発ゴミが山盛りにされた死の町になってしまうかもしれない。







・飯舘村には2011年7月にも行ってます

https://kasakoblog.exblog.jp/15175112/

あわせて読みたい

「飯舘村」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。