記事

アウェーの地 ライバル韓国戦でもフェアプレー U-18侍ジャパン・水上が見せた気遣いタッチ


 「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(韓国・機張)のスーパーラウンドの第2戦。9月6日に行われた日本対韓国の一戦は、宿敵同士の戦いらしく、終盤までもつれる展開の末、日本が延長10回、サヨナラ負けで涙した。開催地が韓国ということもあり、アウェーの雰囲気で包まれる中、U-18侍ジャパンの選手たちはフェアプレーに徹していた。1点を争う緊迫した場面でも、瞬時に見せた気遣いタッチが、試合に余計な雑音を招かず、好試合へと導いた。

 場面は5回。韓国が2死ながら一、二塁とチャンスを作り、2番キム・ジチャンの打球はライト前へ。この打球に対し、ライトに入っていた宮城大弥(興南)が投手らしく強肩をいかしてレーザービーム。二塁走者パク・ミンを悠々と刺すほどの好返球だった。

 気遣いがあったのは、この後だ。捕手の水上桂(明石商)は、大きく避けた走者にタッチが不十分と、素早く追いかけたところ、パクはホームベース方向へ向かうことができず滑り込んだまま諦めた。水上のミットは、タッチできる最短距離として、パクのヘルメットに向かっていたが、瞬時にパクが頭を下げたのを察知するや、必要以上の力を入れることなく、背中にしっかりとタッチした。

 野球の世界では、ちょっとしたプレーが遺恨となることがある。このシーンであれば、アウトになることを悟ったパクに対し、水上が激しく頭にタッチをすれば、感情を煽ることにもなりかねない。世界一を目指す中、相手は最大のライバル。普段以上に昂ぶっても仕方ないところだが、日頃から意識していないと出ない気遣いプレーだ。

 9回。レーザービームを披露した宮城が投手としてマウンドにいたが、2死一塁からイ・ジュヒョンの頭部に死球を当ててしまった。即座に帽子を脱いだ宮城に対し、一塁上のイも、ヘルメットを脱いでおじきを返すという場面もあった。これには視聴者からも「いいシーンだった」という声も多数起きていた。

 試合結果としては、ミスに泣いた日本が涙を飲む形になったが、日本の野球の精神はしっかりと示した一戦だった。

(C)AbemaTV

▶宮城の好返球、水上の気遣いタッチがあった5回のプレー

▶U-18侍ジャパン、ライバル韓国に惜敗…【映像・ハイライトあり】U-18野球 日本×韓国

あわせて読みたい

「野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMなしスマホが技適通過

    S-MAX

  2. 2

    未だに処理水批判する韓国の悲愴

    自由人

  3. 3

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  4. 4

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  5. 5

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  6. 6

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  7. 7

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  8. 8

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

  9. 9

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  10. 10

    山本太郎氏は知事選出馬をするな

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。