記事

なぜ日本人は「甘い飲み物離れ」をしているのか

飲料市場を牽引する「無糖」カテゴリー

富士経済は2018年の清涼飲料市場についての調査結果を発表した。18年の市場規模は前年比0.5%増の5兆1936億円(見込)だった。同市場は14年以降、小幅な成長を続けている。


市場の伸びを牽引している1つが無糖飲料だ。無糖飲料はお茶、ミネラルウォーター、無糖炭酸水、無糖コーヒーなどを指す。18年の市場規模は前年比3.3%増の1兆5000億円(見込)だった(糖分や甘味料を含んだ飲み物は対象外で牛乳や豆乳、カロリーゼロの炭酸飲料、果実・野菜飲料などは対象外)。

同カテゴリーが伸びている理由について富士経済東京マーケティング本部第一部の河野賢太氏は「健康志向の高まりによる、消費者の“甘さ”離れが着実に進んでいます。購入時にラベルを見て原材料を確認する人も増えていて、甘味料すら敬遠する傾向も徐々に強まっているようです」と説明する。

調査では25年の市場動向も予想しており、清涼飲料市場全体は現在より縮小を予測する一方で、無糖分野は伸び続けるとしている。その理由について河野氏は「清涼飲料市場は人口減少の影響もあり縮小が予測されています。しかし、無糖飲料には、他のカテゴリーからのシフトがいままで以上に進むため、市場は今後も拡大を続けるでしょう」と語る。

(吉田 洋平 図版作成=大橋昭一)

あわせて読みたい

「飲料業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。