記事

海老蔵、子供の成長に手ごたえ「ものすごくいい夏を過ごした」


 9月3日、歌舞伎俳優の市川海老蔵が、第5回自主公演『ABKAI2019~第一章 FINAL~』制作発表の記者会見に出席した。

 2013年から続いている市川の自主公演は、今回で5回目。2020年には13代目市川團十郎白猿を襲名するため、海老蔵として「ABKAI(えびかい)」に出演するのは今回が最後だ。

 今後の「ABKAI」について、「海老蔵だから『ABKAI』だけど、(血液型が)AB型だから『ABKAI』ってことにしちゃおうかな」と笑い交じりにコメント。

 続けて、「私が團十郎になったところで、AB型だから『ABKAI』だと。私は出演しても問題ないような位置関係。そしてせがれもAB型であることから、彼が主催なり(やって)。新之助がいて、團十郎がいて、『ABKAI』があれば、我が家にとってすべての名前が揃うことをもくろんで、(会の)継続を願っております」と希望を語っていた。

 長女の麗禾ちゃんは「四代目・市川ぼたん」を襲名し、長男の勸玄君は「市川新之助」の襲名が決まっている。めでたいニュースが続く市川家は、今年どんな夏休みを過ごしたのか。

 報道陣に質問された海老蔵は、「ブログ見ればわかるんじゃない」とまずは一蹴。しかし、続けて聞かれると、ふっと父親の顔を見せて話し出した。

「(子供たちの学校が始まって)もうね、早起きしないといけない。5時ぐらいから起きないといけないんですから。ちょっと眠る時間が足りなくなって、夏休みずっとあればいいなという親心というか。まあ、学校行っているぶん、(私には)時間もあります。仕事もあるのでね。ただ、夏休みの方が私はありがたい……」

 夏休みの子供の成長については、手ごたえを感じたという。

「大変大きな成長がありましたんじゃないでしょうか。七月大歌舞伎で、私がのどを痛めたことによって3日間休演させていただいて。その間、6歳のせがれが『外郎売(ういろううり)』を1人でつとめたことは、とてもすごい経験」と、海老蔵は感慨深げに語った。

 夏休みの旅行中も、子供たちは稽古の時間を取る。海老蔵は「やっぱり日本の伝統文化の舞踊する人間、歌舞伎をやる人間を育てていく上では、今年の夏は、私が見る限り、2人はものすごくいい夏を過ごしたのではないかな」と話していた。

 息子の勸玄君は、父の姿をマネするような子供らしい一面もある。「マネしますね。私がサングラスして、夜のたびに普通の眼鏡をかけて。あんまりしないですけど、いつの間にか彼も同じことをしているという。だからまあ、好きなんでしょう、父親が」としみじみ語っていた。

あわせて読みたい

「市川海老蔵」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。