記事

U-18侍ジャパン、死力を尽くした日韓戦は悔しいサヨナラ負け 永田監督は「私の責任」


第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(韓国・機張)のスーパーラウンドの第2戦が9月6日に行われ、日本代表は韓国に4対5でサヨナラ負け。試合後、日本を率いる永田裕治監督は「敗れたのは私の責任。選手たちはよくやってくれました」と奮闘した選手たちをかばった。

 先発・佐々木朗希(大船渡)のアクシデントによる降板で、2回から急きょ西純矢(創志学園)がマウンドに立った。西はピンチを背負いながらも5回までの4イニングを無失点で切り抜け、チームの緊急事態を救った。

 5回のピンチには、本職は投手ながらライトの守備についていた左腕の宮城大弥(興南)が好返球で相手ランナーの生還を阻止するなど、西の粘りのピッチングにチームメイトも攻守で応えた。

 韓国の先発投手のソ・ヒョンジュンの前に苦戦した日本打線だったが、7回に代打・熊田任洋(東邦)のタイムリーが飛び出し、待ちに待った先制点を奪取。その後も1点を追加し、2対0のリードで4番手の宮城にマウンドを託した。

 しかし8回に守備のミスで同点に追いつかれた日本は、タイブレークで2点を勝ち越した直後の延長10回に、またしても守備の乱れからピンチを招く。最後は1死満塁から犠牲フライで悔しいサヨナラ負けを喫した。永田監督は「厳しい試合でした」と試合を振り返り、「敗れたのは私の責任。選手たちはよくやってくれました」とコメント。「また明日もう一回引き締め直して頑張りたいと思います」と7日のオーストラリア戦に向けて気持ちを切り替えていた。

(C)AbemaTV

▶U-18侍ジャパン、ライバル韓国に惜敗…【映像・ハイライトあり】U-18野球 日本×韓国

あわせて読みたい

「野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  2. 2

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

  3. 3

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

  4. 4

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  5. 5

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  7. 7

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  8. 8

    パパ活女性200人超が犯罪被害に

    NEWSポストセブン

  9. 9

    なぜネットは社会学者を嫌うのか

    津田正太郎

  10. 10

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。