記事

校則撤廃中学の校長 生徒同士の関係にあえて波風立てる理由

「けんか」対応も一味違う西郷校長(撮影/浅野剛)

「あえて波風立てることも」と語る西郷校長(撮影/浅野剛)

「紅茶飲む人は?」「はーい」。とある放課後。優雅なティータイムが開催されているのは、なんと中学校の校長室。応接セットのテーブルには子供たちが用意した温かい紅茶のカップが並び、校長とひとときのティーブレークを楽しんでいた。制服の子もいれば、ジーンズ姿の子、華やかなワンピースに茶色く染めた髪をきれいにセットした子もいる。思い思いの服装や髪形ではしゃぎ合う笑い声は、廊下まで響き渡っていた──。

【別写真】女子生徒と話す西郷校長

 ここは“校則をやめた学校”として注目を集める東京・世田谷区立桜丘中学校。始業時間以外はチャイムも鳴らなければ定期テストもない。服装や髪形も自由。さらには教室ではなく廊下で勉強してもいいし、校長室にも出入り自由。そんな環境にいるのだから、生徒はみな、友達と楽しく学校生活を送っているのだろう。

 しかし、そう単純ではないようだ。教室で楽しそうにおしゃべりする友達を尻目に廊下から見つめている子、仲よし3人組の楽しそうなおしゃべりかと思えば、その中でひたすらうなずいているだけの子、遠くから校長室の様子を見つめているのに、絶対に近づいてはこない子。 

「どんな子であっても、子供同士のいさかいや人間関係のほころびは多少なりとも起こります。クラスの雰囲気になじめなくて教室に入りづらい生徒もいれば、普段友達のように接していた私にさえ突然距離を置こうとする生徒もいます。時には生徒同士の殴り合いに発展することだってあります。だからといって、けんかをなくそうとは思いません。むしろ人間関係に波風が立つことが、ソーシャルスキルを身につけるには必要不可欠だと考えています」

 こう話すのは10年かけて自由で多様な学校をつくりあげた同校の校長・西郷孝彦さん(65才)だ。

 しかし今、世間では子供のけんかは減少傾向にある。

◆「空気を読む」ことが重視される

 別の中学に勤務して6年になる女性教員(30才)が言う。

「長い教員生活の中で、けんかする生徒を指導したことは、数えるほどしかありません。特に、殴り合いなんてまず起こらない。ちょっとしたからかいや悪口はあるけれど、表立って生徒同士が言い争うような口げんかすら、ほとんど見かけません」

 ITジャーナリストで教育評論家の高橋暁子さんは、その背景にはSNSの発達が関連していると分析する。

「物心ついた頃からネット環境があった10代の若者たちは、ツイッターをはじめとしたSNSで複数のアカウントを持つことが当たり前になっている。例えば、同じ学校のクラスメートとつながるため本名で登録した“本アカ”や悪口や愚痴など、正面切って発言すると角が立つことをつぶやく“裏アカ”などを使い分け、その場に応じて “相手が心地よく感じる自分”をうまく演じているのです」

 教室内だけではなく、ネット上でも「空気を読む」ことが重視されるゆえに相手を不快にさせないよう気を使い、その結果、けんかも起こりづらくなるというのだ。

「一方で、SNSの機能である連絡先を消してしまう『友達削除』や相手からの連絡を遮断する『ブロック』により簡単に人間関係が解消できたり、逆に相手から拒まれたりすることも体感している。“人間関係はすぐに壊れるもの”という意識も強いのです。争うことを避けるあまり、本音を言って受け入れてもらえた経験も少ない世代だということもできる」(高橋さん)

 加えて、「けんかや衝突はよくない」という世の風潮も、以前に増して高まっている。インターネットに投稿された《アンパンマンがバイキンマンを拳でやっつけるのは暴力ではないか》というコメントに端を発した「アンパンチ論争」もこの風潮と無関係ではないだろう。しかし、作者のやなせたかしさんは生前、こんなふうに反論していた。

《けんかもせず、摩擦をおそれ、何もしないで成長する子供はいますか? 自分が子供のころは、よくチャンバラごっこをやったけど、だからって私は殺人はしませんよ。大人になっていく過程で、いろいろ思い通りにいかないこともあります。子供たちにはアンパンマンのように強く、優しく育ってほしいと願っています》

 確かに、人間同士の摩擦や衝突に慣れていなければ、社会に出てから上司や部下と考えが対立した時、近所のママ友と意見が合わなかった時、初めて壁にぶつかることになる。

 だからこそ、衝突が起きても近くにいる先生が修復の手伝いをしてくれる学校で、それを乗り越え、関係を修復する方法を学んでほしい──西郷さんはそんな思いから、あえて「対立」が生まれるように仕向けることもある。

「衝突したことがない子供が社会に出て人間関係で壁にぶつかると、自分では修復できずそのまま挫折してしまうか、暴走するかどちらかになってしまう可能性が高い。特に、放っておいたらけんかを経験しないようなおとなしい生徒同士の関係であれば、あえてこちらが波風を立ててみるようなこともあります」(西郷さん・以下同)

 つまり、あまりにも平穏すぎる学校生活を送る子供たちの間に一石を投じて波紋を広げるというのだ。

「例えば、仲よしグループのうち1人だけをあえて褒めてみるのです。そうすると、ほかの子はそれをえこひいきだと感じる。その瞬間、表面上は仲よしこよしのグループに、初めてすきま風が吹きます」

 その時にどう対応するかは、生徒たちの性格や個性を見極めながら変えていくという。

「雰囲気が悪くなってけんかに発展するグループもあれば、褒められた子が“あんなことを言われてもうれしくない。先生のことは好きじゃないし、本当はイヤ”と私を悪者にすることで、友人との関係を修復しようとするパターンもある。みんな悩みながら自分なりの戦略を考えるんです」

 生徒一人ひとりに人間関係のトラブルを回避できるスキルが身につけば、いじめも起こりづらく、不登校も減少する。同校では学年が上がり、成長するに従って、いじめは確実に減っていくという。

※女性セブン2019年9月19日号

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  5. 5

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  6. 6

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  7. 7

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

  8. 8

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    ガソリン車新車販売 禁止へ調整

    ロイター

  10. 10

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。