記事

北方領土の経済開発

 8月9日、メドベージェフ首相は、クリール諸島(北方領土と千島列島)でのビジネス活性化に向けた計画案を9月2日までに提出するように、関係省庁に指示を出したとの報道がありました。

 2019年1月から現在までに、択捉、国後、色丹で、高速インターネット通信が出来る光ファイバーケーブルが開通しました。

 色丹島での経済特区に於いて、観光や住宅建設など新規開発も検討しているそうです。

 色丹島でのギドロストロイ社による、水産加工場も完成しました。(以上、国会図書館資料から)

 日露間の共同経済活動では、観光パイロットツアーや、ごみ処理専門家の往来などが首脳間で、確認されていますが、ロシアが独自に展開する経済開発に我が国がどの程度コミットしているのかも、極めて重要です。

 ロシアは世界最大の国土を持ち、人口は日本より若干多く、GDPの規模は韓国とほゞ、同様です。

 豊富なエネルギーも保有しておりますし、我が国と相互依存で深める余地は無尽蔵にあります。

あわせて読みたい

「北方領土」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。