記事

【男性議員育休】「どんな立場の男性であっても、育児にはコミットするのだ!」という、強いメッセージの必要性

1/2

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

先週、大きな話題となった小泉進次郎氏の「育休」について、ブイログ(YouTube)でも触れてアップしたところ、ご指摘・ご批判を含めてまた多くの意見が寄せられました。

改めてブログでも、雑駁にはなりますが言い足りないことを述べておきたいと思います。

念の為申し上げますが、これは私個人の考えであり、党・所属組織を代表するものではありません

何よりも本件について私は、「どんな立場・環境の男性であっても、育児にはコミットするものだ」という強いメッセージを出すことに至上の価値を置くべきだと思っています。

なので大前提として、税金で禄を食む国会議員であっても「育休」を取得することは賛成です。

一方で、小泉進次郎氏がトライしようとしている「育休」の定義は定まっておりません。

企業勤め・被用者にとっての「育休」は一定期間出社をしないことを意味しますが、おそらく小泉進次郎氏も国会業務のすべてを休もうと考えているわけではないと思います。

代理の効かない採決などの国会業務は出席し、他の政治活動・党務をセーブするというのは裁量の範囲内で可能です。

「政治家たるもの、24時間365日働くべきで、仕事をセーブするとは何事だ!!」

というご意見はあると思いますし、その価値観を否定することはできませんが、これを突き詰めれば女性議員が任期中に出産をすることすら困難になります。

「育休」によって地域周りなどの活動量は明確に減ることになりますし、裁量の範囲内による「育休」取得の是非は次の選挙で審判されることになるでしょう。

男性育休に対して厳しい目線が注がれる現状では、逆風になることは確実です。

だからこそ小泉進次郎氏のような「選挙最強」で影響力のある政治家に突破していただいて、男性議員も当たり前に育児にコミットする空気・風潮を作り出してもらいたいと思います。

なお、国会業務も含めて完全な休暇を取るということになれば、その間の歳費(議員報酬)は減額するべきという意見が出てくるでしょうし、私も減額をすることには大いに賛成です。

女性議員の出産期間も含めて、国会でぜひ積極的に議論していくべきテーマだと思います。

いずれにせよこうした議論も、「当事者」が出てこなければ前に進まないのが現実で、「歳費減額の仕組みが整ってから育休を言い出そう」というのは難しいものです。

もし小泉氏が国会業務欠席を含む「育休」取得まで考えているとすれば、それはそれで大いに意味があることで、ぜひその国会改革は後押ししていくべきだと考えます。

「政治家たるもの、国民が利用できる制度を作るのが仕事であって、自分が先にサービスを取得するのは間違っている」

というご意見も多数いただきました。

れいわ新選組の介護サービス先行受給の時にも出てきた論点であり、ご主張する内容・理論はもっともです。

しかしながら育休に関しては、大企業の正社員を中心に「制度面」はかなり整ってきています

にもかかわらず、男性育休の取得率はいまだに5.14%に留まり、「育休を取りたいのに取得できなかった」という人の割合は3割以上のぼっています(厚労省「平成29年雇用均等基本調査」による)。

制度があるのに使えない「空気」「慣習」が日本社会には確実に存在するのであって、こと育休については「制度面」だけが政治課題ではないことは明らかです。

「休みながら身分が保障されて、給料も満額もらえるのはおかしい」

と国会議員が批判される様は、

「休んだのに同じ役職で戻ってこれて、給料の一部ももらえるなんておかしい」

と批判される男性社員の姿と、私にはダブって見えて仕方ないのです。

まさにこうしたコメントに現れているように、実際に育休を取った後に閑職に回されたという事例は多く仄聞しますし、それを恐れて多くの男性社員たちは育休を取りません。

あわせて読みたい

「育児休暇」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 ヤジ糾弾は魔女狩り

    小林よしのり

  2. 2

    ベトナムで低下が進む「親日度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    Amazonと違う楽天の「送料無料」

    自由人

  4. 4

    国民議員「打倒安倍に国民辟易」

    岸本周平

  5. 5

    クロ現のプレゼン特集は「最悪」

    メディアゴン

  6. 6

    習氏の国賓来日 自民議員が警告

    原田義昭

  7. 7

    自民のヤジ 謝罪要求は筋違いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    国産野菜は安全?妄信する日本人

    Ayana Nishikawa(西川彩奈)

  9. 9

    迎撃魚雷の実用化が進まない背景

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    唐田えりか不倫 韓国で辛辣批判

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。