記事

好きな猫の種類は? 2位は「スコティッシュフォールド」 実際に飼われているのは「雑種」がトップ

ねこちゃんかわいい
ねこちゃんかわいい

猫の情報サイト「ねこちゃんホンポ」を運営するピーネストジャパンは9月4日、「好きな猫種」の調査結果を発表した。調査は今年7月、同サイトを訪れたユーザー785人を対象に実施。このうち、猫を飼っている人は716人。

1位はアメリカン・ショートヘア(10.5%)。2位はスコティッシュフォールド(10.2%)、3位はマンチカン(9.1%)だった。2位のスコティッシュフォールドと3位のマンチカンは少々差が開いたが、1位と2位は僅差だった。

「穏やか、温厚、懐きやすい等、仲良く暮らせそうな性格の猫」が人気

4位以下は、ノルウェージャンフォレストキャット、ベンガル、メインクーン、ロシアンブルー、ラグドールと続く。調査を実施した同社は上位の猫種について「可愛らしい容姿だけではなく、穏やか、温厚、懐きやすい等、仲良く暮らせそうな性格の猫さんが人気になる傾向がある」と分析している。

一方、実際に飼っている猫の種類を聞くと、「好きな猫種」とのギャップが見えた。飼っている猫の1位はMIX(雑種)で44.8%。2位のスコティッシュフォールド(7.9%)を大きく離した。「好きな猫種」で1位だったアメリカン・ショートヘアは4位(5.7%)だった。世代別に見ると、特に20代では雑種を飼っている人が58%と、全体の半数以上を占めている。

30代以下の「好きな猫種」トップ3は、1位スコティッシュフォールド(13.3%)、2位マンチカン(8.5%)、3位アメリカン・ショートヘア(8%)だった。「飼っている猫種」トップ3は1位MIX(44%)、2位スコティッシュフォールド(8.9%)、3位マンチカン(6.9%)。同社は、「好きな猫種」でアメリカン・ショートヘアを抑えてマンチカンが2位になっている点を「世代的な特徴」と見ている。

また、60代は他世代よりもスコティッシュフォールドとアメリカン・ショートヘアを飼っている人の割合が多いことも分かった。この傾向について同社は、

「近年、保護猫を迎えるケースも増えてきているものの、昔はペットショップで購入するのがスタンダードだったことの名残や、経済的にもゆとりがあることなどが理由」

ではないかと見ている。

あわせて読みたい

「ペット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄での自衛隊めぐる発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    玉木代表は「分党」の考え見直せ

    おくの総一郎

  3. 3

    日本企業が離れていく韓国の苦境

    PRESIDENT Online

  4. 4

    小沢一郎氏に翻弄された玉木代表

    早川忠孝

  5. 5

    日本の徴用工補償「筋通らない」

    文春オンライン

  6. 6

    日英で違う終戦記念日の過ごし方

    小林恭子

  7. 7

    天皇が靖国神社を参拝しない背景

    幻冬舎plus

  8. 8

    マイナポイント5千円分付与の罠

    女性自身

  9. 9

    なぜ韓国の失業率は低い水準か

    ニッセイ基礎研究所

  10. 10

    氷河期世代に刺さった半沢の言葉

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。