記事

京急 トラックと衝突・脱線

昨日5日午前11時40分ごろ、横浜市神奈川区の京急線神奈川新町ー仲木戸間の踏切で、青砥発三崎口行き下り快速特急電車(8両編成、乗客約500人)が、大型トラックと衝突しました。先頭から3両目までが脱線し一部が横倒しになり、トラックは炎上しました。

神奈川県警によると、トラックの本橋運転手(67)が、電車の下敷きになり死亡し、電車の運転士と車掌、乗客の計33人が軽傷を負いました。現場付近は、通常120キロで走行し、運転手は非常ブレーキをかけたが間に合わなかった、と話しているということです。

トラックは、線路沿いの道路から右折して踏切に進入しましたが曲がり切れず、ハンドルを切り返しているうちに立往生したとみられ、遮断機はトラック進入後に降りた、とのこと。本橋さんが勤める運送会社の同僚などは、通常は国道15号を通るが、間違って狭い道に入ってしまい、国道に戻ろうとしていたのではと推測している、と報じられています。

踏切には「障害物検知装置」があり、作動していたのに止まれなかったそうです。システム上は、列車が踏切の1キロ手前に来ると警報が鳴るといいことです。その時点で踏切内に障害物があれば検知装置が働き、専用の信号機が発光します。信号機は踏切から340メートル離れた場所にあり、運転士が踏切から600メートル離れた地点でも確認でき、最高速度で走行中でも非常ブレーキで踏切の手前で止まれるようになっている、とのこと。

検知装置や信号は、正常に作動していたことを京急は確認しています。なぜ止まれずに事故が起きてしまったのか、検証と、再発防止が急がれます。他の鉄道会社では、東急、京王、小田急、東武、JR東日本の一部路線で、検知装置を自動列車制御装置(ATC)などの信号保安装置と連動させる仕組みがあり、装置が作動すると自動的にブレーキがかかる仕組みになっています。

京急本線には、こうしたシステムは導入されていず、運転士が手動でブレーキをかけることになっていました。安全を確保するためには、運転士の目視と手動のブレーキだけではなく、自動的に止まるようにすることが必要だと思います。

あわせて読みたい

「京浜急行電鉄」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文氏が天皇陛下宛の親書を送達か

    天木直人

  2. 2

    陛下の立ち位置を批判する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    スポーツ論じて滑るTBSサンモニ

    メディアゴン

  4. 4

    竹中氏「日本人は童貞そっくり」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    韓国の李首相と枝野代表らが会談

    立憲民主党

  6. 6

    チュート徳井が謝罪「私の怠慢」

    AbemaTIMES

  7. 7

    韓国LG 市場予想上回る営業赤字

    ロイター

  8. 8

    皇位継承に養子案と旧宮家復帰案

    長尾敬

  9. 9

    木村拓哉ドラマ予想に反して好調

    NEWSポストセブン

  10. 10

    女系天皇を認めたくない愚かさ

    志村建世

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。