記事

京急 トラックと衝突・脱線

昨日5日午前11時40分ごろ、横浜市神奈川区の京急線神奈川新町ー仲木戸間の踏切で、青砥発三崎口行き下り快速特急電車(8両編成、乗客約500人)が、大型トラックと衝突しました。先頭から3両目までが脱線し一部が横倒しになり、トラックは炎上しました。

神奈川県警によると、トラックの本橋運転手(67)が、電車の下敷きになり死亡し、電車の運転士と車掌、乗客の計33人が軽傷を負いました。現場付近は、通常120キロで走行し、運転手は非常ブレーキをかけたが間に合わなかった、と話しているということです。

トラックは、線路沿いの道路から右折して踏切に進入しましたが曲がり切れず、ハンドルを切り返しているうちに立往生したとみられ、遮断機はトラック進入後に降りた、とのこと。本橋さんが勤める運送会社の同僚などは、通常は国道15号を通るが、間違って狭い道に入ってしまい、国道に戻ろうとしていたのではと推測している、と報じられています。

踏切には「障害物検知装置」があり、作動していたのに止まれなかったそうです。システム上は、列車が踏切の1キロ手前に来ると警報が鳴るといいことです。その時点で踏切内に障害物があれば検知装置が働き、専用の信号機が発光します。信号機は踏切から340メートル離れた場所にあり、運転士が踏切から600メートル離れた地点でも確認でき、最高速度で走行中でも非常ブレーキで踏切の手前で止まれるようになっている、とのこと。

検知装置や信号は、正常に作動していたことを京急は確認しています。なぜ止まれずに事故が起きてしまったのか、検証と、再発防止が急がれます。他の鉄道会社では、東急、京王、小田急、東武、JR東日本の一部路線で、検知装置を自動列車制御装置(ATC)などの信号保安装置と連動させる仕組みがあり、装置が作動すると自動的にブレーキがかかる仕組みになっています。

京急本線には、こうしたシステムは導入されていず、運転士が手動でブレーキをかけることになっていました。安全を確保するためには、運転士の目視と手動のブレーキだけではなく、自動的に止まるようにすることが必要だと思います。

あわせて読みたい

「京浜急行電鉄」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  2. 2

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  3. 3

    コロナの恐怖煽り視聴率を稼ぐTV

    PRESIDENT Online

  4. 4

    管楽器が演奏できるマスクが発売

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    田原氏 取材者がTVで訴える意義

    たかまつなな

  7. 7

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  8. 8

    反体制派を一斉弾圧 中国の狙い

    ABEMA TIMES

  9. 9

    性被害者に辻褄合わせ求める日本

    篠田博之

  10. 10

    香港国安法は現代の文化大革命か

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。