記事

「闘論席」の文章を書き直すわけ

週刊エコノミストが「闘論席」に書いたわしの記述に異を唱えてきた。
わしが書いた文中の「リベラル左翼は『日本のマスコミが嫌韓をあおっている、感情的になってはいけない』と批判するが、全く的外れである。日本国民は全然感情的になっていない。」という部分に対して、編集者が「週刊ポストの例を見たら、全然感情的になっていないと言えるのか?」と異を唱えてきたのだ。

めんどくさいから書き直すが、週刊ポストが嫌韓記事を書いたって、読むのはジジイだけだ。
問題は作家が「もう書かない」と小学館を脅し、韓国無謬論の左翼系知識人やマスコミが、ことさら大騒ぎしていることにある。

では、日本国民は感情的になっているか?
事実はなっていない。
日本から韓国に行く旅行客は減っていないが、韓国から日本への旅行客は8割減である。
感情的なのは韓国国民であって、日本国民は韓流大好きで、平然と韓国に行っているのだ。

韓国国民は国内が「反日」だから、同調圧力で日本旅行は控えてしまう。
日本国民は実に冷静で、嫌韓記事や報道があっても、韓国や新大久保に行くことができる。
・・・こう事実を書いただけでも、左翼は「嫌韓記事」だと思うのだろう。
脳内が「韓国人は無謬、日本人はマスコミも庶民も悪」という自虐史観に染まっているから、事実が見えないのである。

このように雑誌というものは、叩かれたら一気に「委縮」するし、叩かれるのでは?と恐れて、先回りして表現を「委縮」させる。
「週刊エコノミスト」も「SPA!」も同じだ。
めんどくさいから、わしは「はいはい」と言う事を聞く。
別の場所で意見表明はできるのだから、いちいち喧嘩するのが面倒なのだ。
さあ、「闘論席」、どんなふうに書き直そうか?

あわせて読みたい

「週刊ポスト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  4. 4

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  6. 6

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

  7. 7

    医師「感染対策は経験を生かせ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

  9. 9

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  10. 10

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。