記事

話題の週刊ポストの表紙が予想外のインパクトで驚いた

「韓国なんて要らない」という週刊ポストの特集が物議を醸しているようです。

そんでもって内田樹氏のこの発言から、これまた各所からいろいろな反応を引き起こしているようです。

この雑誌に自分の名前を掲げて文章を寄せた人は、この雑誌が目指す未来の実現に賛同しているとみなされることを覚悟した方がいいです。

江川紹子氏は、Yahoo!ニュースでこんな指摘をしています

同誌は、かつては多くの読者を持ち、売り上げナンバー1を誇る週刊誌の雄であった。

週刊ポストは公式サイトによると、時代を先取りするビジネスマンの情報参謀で、時代を切り取るスクープや、政治・経済・事件・芸能・スポーツ・健康・教育・金儲けほかの新鮮な情報を届けます。激動の時代をどう読むかの視点を読者に提供し、さらに次なる時代がどんなものかを予見する、ニュース週刊誌だそうです。

出版元である小学館についてWikipediaには、こんな内容が記載されています。

社名の由来は創設時に小学生向けの教育図書出版を主たる業務としていたことに起因する。特に学年別学習雑誌は長らく小学館の顔的存在として刊行され続けてきたが、「出版不況」や児童の減少と嗜好の多様化のあおりを受け、2000年代から2010年代にかけて相次いで休刊され、2017年現在、月一回発売されているのは「小学一年生」のみとなっている。1926年に娯楽図書部門を集英社として独立させたが、太平洋戦争後は娯楽図書出版に再進出し、総合出版社へ発展した。

発行している雑誌についても一覧を見ると懐かしいのがありました。

学年別学習雑誌
小学二年生
小学三年生
小学四年生
小学五年生
小学六年生

↑この辺は毎月楽しみにしてた記憶がありますね。

さて、売り上げナンバー1を誇る週刊誌の雄であったとういう週刊ポスト。

騒動の発端となった「怒りを抑えられない韓国人の病理」という記事を読んでみようかと思い、コンビニに寄ってみたのですが、週刊ポストの表紙にならぶ、見出しや写真を見て、手にするのを一瞬躊躇してしまいました。

公式サイトで紹介されている特集記事の見出しは以下の通り。

特集
◆組長に銃弾の誕生日プレゼントが! 3つの山口組「血の9月抗争」が始まった
◆菅が二階と麻生を蹴落とした!「アベノカジノ」3兆円利権争奪戦
◆手術は成功したのに体調も気分もすぐれない...それ、「術後うつ」「退院うつ」かも
◆夏バテより深刻な「9月バテ」の症状と対策
◆潜入ルポ アマゾン絶望倉庫 最終回
「センター内でアルバイト死亡事故が続発していた」横田増生(ジャーナリスト)
◆[検証シリーズ第2弾]あの増税は何に消えたか 復興税の不正流用
◆オリックス・井上亮社長「大阪カジノ」「カーシェア」「金融サービス」...
「リース」ではなく「投資」で儲けていく
◆全スポーツの一流選手から夢の「ラグビー日本代表」を招集したら...
◆今さら人には聞けないこと──50過ぎてあの女と「初めての...」
◆星稜・奥川&大船渡・佐々木の将来は!? 超高校級2大エースプロ入り後の明と暗
◆伝説のゲイバーママが明かす  昭和スター「人間交差点」3
◆秋篠宮家vs外務省「ブータン家族旅行」某重大事件
◆絶対に騙されてはいけない年金財政検証4つの嘘

サイトにある表紙の写真を見ていただくとお分かりか思うのですが、実際の雑誌を手にしたときにはもっと刺激的なテキスト、写真を目にすることになります。


  • カラー16ページ大特集 女性2000人の「勝負下着」白書 人気グラドル8人「自前ランジェリー姿」お披露目します
  • 92cm 奥田咲 Hカップヌード
  • 袋とじ"高嶺の花"12輪 私のセックス見てください
  • 死ぬまで死ぬほどSEX 50歳すぎて「はじめての女とのセックス」入門 喜ばれる「前戯は?」「体位は?」「時間は?」「会話は?」教えて、美女医のセンセイ

この9月からコンビニでの成人雑誌の取り扱いが終了していることが影響しているのでしょうかね?

この見出しを見ながら、冒頭紹介した、内田樹氏のこのコメントをもう一回味わってみたいと思います。

この雑誌に自分の名前を掲げて文章を寄せた人は、この雑誌が目指す未来の実現に賛同しているとみなされることを覚悟した方がいいです。

今回の"嫌韓"記事だけではなく全体として感じる、この雑誌が目指す未来ってどんななんでしょう...

あわせて読みたい

「週刊ポスト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMなしスマホが技適通過

    S-MAX

  2. 2

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  3. 3

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  4. 4

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  5. 5

    未だに処理水批判する韓国の悲愴

    自由人

  6. 6

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  7. 7

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  8. 8

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

  9. 9

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  10. 10

    山本太郎氏は知事選出馬をするな

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。