記事

日産、西川社長に不正報酬問題で辞任求めない方向で調整=関係筋


[東京 6日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>の西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)が社内規定に違反して不正に上乗せされた株価連動型報酬を受領していた問題で、同社が西川社長に辞任を求めない方向で調整していることが分かった。9日に開く取締役会で正式に判断される予定だが、本人に不正の意図がなく、違法性がないことなどから留任させる方向だ。複数の関係筋が明らかにした。

西川社長の不正報酬受領問題は、前会長のカルロス・ゴーン被告の側近だった前代表取締役のグレッグ・ケリー被告が、今年6月発売の月刊誌「文藝春秋」に掲載されたインタビューで指摘。株価に連動した報酬を受け取る権利「ストック・アプリシエーション・ライト(SAR)」の報酬額が決まる行使日を変更し、当初より4700万円多く受け取っていたとの疑惑が報じられていた。

西川社長は5日、記者団に対し、不正に多く受け取ったことを認めたうえで、不正に得た報酬分を全額返還する意向を示したが、行使日変更の指示については否定。担当していたケリー被告に手続きを一任していたため、不正の認識はなかったと釈明していた。

不正報酬受領については、日産の監査委員会で報告された社内調査の結果で判明した。SARによる報酬制度は、会社法違反(特別背任)などの罪で起訴されたゴーン被告がトップだった旧体制から続く仕組みで、関係者らは「不正の意図がない西川社長を責めるのは酷だ」と話している。

*内容を追加しました。

(白木真紀 編集:山川薫)

あわせて読みたい

「西川廣人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  3. 3

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  4. 4

    倉持由香 誹謗中傷で弁護士依頼

    倉持由香

  5. 5

    個人事業主はマックの戦略に学べ

    かさこ

  6. 6

    米の「韓国切り」で文政権ピンチ

    PRESIDENT Online

  7. 7

    大東駿介 水川との不倫に批判

    女性自身

  8. 8

    コロナ感染と減収 苦難抱えるCA

    小林ゆうこ

  9. 9

    コロナに次亜塩素酸水 噴霧はNG

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    コロナで露呈 日本の構造的問題

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。