記事

【日本化、再び?】

2011年6月30日号のThe Economistの表紙は、Turning Japanese(日本になる)で、和服姿の独メルケル首相とオバマ米大統領(当時)。欧米の債務問題や政治リーダーシップの欠如がまるで日本のようだ警鐘を鳴らす内容でした。

その後も、低い成長、上がらない物価などを指す「日本化」としてJapanificationJapanizationという言葉を見るようになりましたが、Japanificationが定着したみたい。

[画像をブログで見る]

同じThe Economistは、The Japanification of bond markets(債券市場の日本化)の中で、低成長の結果、物価も金利も下がる「日本化」は欧米で恐怖の対象として持ち上がっては消えたが、いま再びJapanificationという言葉が多くの人にささやかれていると伝えています。

2002年にFRBの理事だったバーナンキ氏(その後FRB議長)が「アメリカでは日本化は起き得ないという講演(it-can’t-happen- here speech about Japan)」をし、日本の失敗から学ぶものとして不良債権は適正に処理し、銀行システムは修復し、景気刺激のためには政策を総動員し、資産価格を下落させるな、だったとしています。

実際2008年の金融危機(日本で言うところのリーマンショック)ではこれが適用されたものの、あれから10年。

日本化は戻ってきた(Japanification is back)」と指摘しています。

新たな世界的な景気低迷に対する懸念を背景に、人口が若く25年以上不景気を経験したことがないオーストラリアですら10年にもの国債の利回りが1%を切っているということです。

FTはWill the US follow Germany and Japan below zero?(アメリカ国債の10年もの利回り、ドイツ・日本に続きマイナスになるか?)の中で、アメリカの投資家の中には10年もの国債の利回りがゼロを下回るという、ちょっと前まで考えられなかった状況に備えていると報じています。

ドイツ国債はマイナス0.70%、日本はマイナス0.27%なので、アメリカのプラス1.5%は本来投資として魅力のはずなのにわずか1か月で0.5%も下落したことで驚きが広がっているということです。

政策金利をマイナスとしたヨーロッパ中央銀行や日銀に対して米FRBは2%から2.25%でそう簡単に追随するわけではないという専門家の見方を紹介。

一方で、市場はFRBが今月の会合で0.25%の利下げに踏み切る確率を90%以上と予想し来年末まで追加で3回引き下げると見ていてあわせて1%の利下げの可能性もあるもののアメリカの10年もの国債の利回りがゼロとなるのはよほどアメリカの景気の先行きが悪化しない限りなさそうだとしています。

FTは先週、Japanification: investors fear malaise is spreading globally (日本化: 病根が世界に感染拡大と投資家ら心配)を報道。

この中でJapanificationともJapanizatiomとも呼ばれる日本化を「デフレ、低成長、効果のない金融政策で、債務が拡大しているにもかかわらず国債の利回りの低下」とした上で「日本化は世界に拡大するかも(Japanification could go global )」と伝えています。

アメリカのサマーズ元財務長官はヨーロッパと日本の金融政策について、金利ゼロ%から抜け出す実質的な見通しが立ってない状況を「ブラックホール金融政策」と呼んでいます。

アメリカだってウカウカしていられないぞと警鐘を鳴らした上で「ブラックホール問題と呼ぼうと、長期停滞と呼ぼうと、日本化と呼ぼうと、これらが中央銀行を懸念するべき問題だ(Call it the black/hole problem, secular stagnation, or Japanification, this set of issues should be what central banks are worrying about)」と指摘したということです。

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。