記事

「戦争扇動議員」を堂々と擁護するN国党の本性

1/2

「竹島は戦争で取り返すしかないんじゃないですか」

これほど非常識な国会議員は見たことがない。あの太宰治も驚く、「議員失格」である。

北方領土の返還問題を巡って「戦争で取り返すしかない」との趣旨の発言をして批判を浴び、日本維新の会を除名された後、今年6月に衆院で議員辞職を促す「糾弾決議」が全会一致で可決された丸山穂高衆院議員(35歳、大阪19区)のことだ。

陸上自衛隊の富士総合火力演習を視察に訪れたNHKから国民を守る党の丸山穂高衆院議員=2019年8月25日、静岡県御殿場市の東富士演習場 写真=時事通信フォト

今度は何をやらかしたのかと言えば、韓国の国会議員6人が島根県の竹島に上陸したことについて、ツイッターに「竹島は戦争で取り返すしかないんじゃないですか?」と投稿したのだ。


ツイートとはいえ、同じ問題発言をまたもや繰り返す。まったく反省していない。8月31日のことだったが、発言の波紋は大きく広がっている。

1点共闘はどこに消えてしまったのか

その後、丸山議員は無所属となったが、7月29日に「NHKから国民を守る党」の党首、立花孝志氏(51)と国会内で会談し、この日付でN国党に入党した。丸山氏の入党によってN国党の国会議員は、2人となった。

丸山氏は入党理由について「無所属ではできることも限られている。受信料を払った人だけが視聴できるNHKのスクランブル放送を実現する1点において共闘する」と話していた。

それがどうだろうか。1点での共闘などどこかに消え、2度目の戦争発言である。丸山氏はよほど戦争が好きなのだろう。

開き直るN国党の立花党首も丸山氏と同罪だ

一方の立花氏は9月2日の記者会見でこう発言している。

「処罰の対象にはならない。今回の発言は表現の自由が優先されるべきで、問題提起の範疇(はんちゅう)じゃないかと思う」

「(丸山氏の投稿は)『戦争をしないと取り返せないけども、戦争なんてしたくないですよね?』」という意味にも取れるわけですよ。彼の投稿は、はてなマークだから」

「我が党の方針は、特定の個人や団体に直接迷惑をかける、裁判したら明らかに負けるような案件には処罰を下さなければいけないと承知している。だが、今回の件は、党員や一般の有権者から『処罰をすべきだ』とか『除名すべきだ』という声はない」

7月21日に投開票された参院選挙の結果、N国党が比例選で1議席を獲得して立花氏が当選を決めた。N国党は公職選挙法と政党助成法上の政党要件を満たし、政治治団体から政党に格上げされ、立花氏は代表から党首となった。

しかし立花氏が「表現の自由」の意味を理解しているとは思えない。表現の自由とは、表現する者の責任に裏打ちされたものだ。丸山氏に責任感があるとは到底思えない。仮にも丸山氏は公に責任のある国会議員である。しかも前回の「北方領土戦争発言」で国会から議員辞職を勧告された身である。

立花氏は一体、何を考えているのか。自分が有権者から選ばれた身であることへの自覚がなく、開き直っているとしか思えない。問題発言を繰り返した丸山氏と同罪だ。

韓国が不法に占拠する竹島は「日本固有の領土」だ

竹島についてここで触れておこう。

竹島は隠岐諸島の北西約160キロに位置する2つの小島と岩礁で、島根県隠岐の島町にある。

外務省「竹島問題フライヤー」より

日本は1905年2月22日に領土編入を決め、島根県知事が県の帰属を宣言した。しかし1946年、連合国軍総司令部(GHQ)の覚書により、日本の行政区域から分離された。

韓国は1952年に当時の李承晩(イ・スンマン)大統領が公海上に「李承晩ライン」を設定し、竹島を「独島(トクト)」と呼んで竹島を取り込んだ。しかも韓国は1954年から武装警察隊を常駐させ、灯台やヘリポートを建設。観光客にも開放している。これが韓国の実効支配である。

日本はGHQの覚書を暫定的なものと判断し、竹島の領有権を主張してきた。領土編入を行った1905年からちょうど100年目に当たる2005年には島根県が条例を制定し、領土編入記念日の2月22日を「竹島の日」と決めた。

沙鴎一歩は竹島問題に関し、日本が最初に領土に編入した事実などから「竹島は日本固有の領土」と考えている。韓国の実行支配は大きな問題であり、不法占拠である。

あわせて読みたい

「丸山穂高」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    読売の陰謀? 続くプロ野球不祥事

    文化通信特報版

  3. 3

    おしゃれの時代はユニクロで終焉

    fujipon

  4. 4

    元SMAPへ圧力濃厚 公取委の見解

    笹川陽平

  5. 5

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  6. 6

    日本なんて要らない? 韓国の本音

    PRESIDENT Online

  7. 7

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  8. 8

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

  9. 9

    資材大手の不正 事業拡大がミス

    川北英隆

  10. 10

    部落差別に罰則求めるのは逆効果

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。