記事

東京五輪組織委が「旭日旗」持ち込み許可へ 韓国の批判に対し「政治的宣伝ではない」

白色の旗面に、赤い放射状の光線などで東から昇る太陽を描いた「旭日旗」をめぐり、日韓の間で意見が対立しています。2020年東京五輪・パラリンピックで、韓国国会の文化体育観光委員会が競技会場への持ち込みを禁止する措置を求める決議を採択したのに対し、日本側は五輪組織委員会が持ち込み禁止品に定めない方針を示しました。理由は「旗の掲示そのものが政治的宣伝とはならない」などとするものでした。

旧日本軍で採用されていた経緯から、韓国や中国などでは「日本の帝国主義や軍国主義の象徴」としての認識が強いため強い反発を招いています。2013年8~9月には「政治的主張だとか軍国主義の象徴だという指摘は全く当たらない」とする日本側に対し、韓国側は「韓国国民と、過去に日本帝国主義の被害を受けた人々に、どのような意味を持つものか」との声明を出し、議論は依然として平行線のままです。一つの旗をめぐる歩みを追いました。



幕末には浮世絵に登場 明治期から日本軍の軍旗に

太陽をかたどった“旭日”デザインは、遅くとも江戸期には広まっていたとされ、幕末に描かれた上方浮世絵『浪花百景』の一つ『三大橋』に登場します。めでたい紅白の組み合わせから、縁起物として多く使用され、その後、戦意の高揚にも活用されるようになりました。

軍旗として使われるようになった経緯はこうです。1870(明治3)年に大日本帝国陸軍で採用され、その19年後の89年には海軍でも正式に使われるようになりました。旭日旗を手に進駐する日本軍の姿は数々の写真に記録されています。そして、1945年8月15日の敗戦。それと同時に軍旗としての役目を一度は終えました。

敗戦の5年後、GHQ(連合国最高司令官総司令部)の指令に基づいて警察予備隊が組織され、組織再編を経て、54年に陸・海・空の各自衛隊が成立しました。それに合わせて、陸上・海上自衛隊で旭日を模した旗が採用されるようになり、現在に至っています。

Getty Images

大漁旗に、出産、節句の祝い 朝日新聞社は社旗に使用

現在でも、“軍隊の旗”のイメージが強い旭日旗ですが、日本では日常生活でもしばしば使われてきたとされます。

外務省はホームページで「出産、節句の祝いなど(でも使用されている)」と説明しています。海に出ていた漁船が港に戻る際に大漁であることを知らせる大漁旗。中には旭日の意匠が施されたものもあります。

東京電力福島第一原発事故の影響が今も残る福島県浪江町では、2017年2月、6年ぶりの漁から戻って旭日のデザインが入った大漁旗をなびかせる漁船を町民がうれしそうに眺めていました。これらは、“紅白のめでたい旗”という意味合いから使われているようです。

海外でも、用いられている色は違いますが、旭日旗の様に太陽が昇る姿を描いた旗は使われています。北マケドニア共和国は旭日のデザインを使っているほか、米・アリゾナ州やベネズエラ・ララ州の旗も旭日旗に似ています。日本でおなじみの企業でも。旭日に由来する企業もあります。アサヒビールは社名が旭日に由来するとされ、朝日新聞の社旗が旭日のデザインであることはよく知られています。

サッカーでは国際問題にも 過去には在中日本大使館が注意喚起

Getty Images

旭日旗が韓国での反日デモで燃やされてしまう光景は、報道でよく目にします。他に、国際的な問題となるきっかけとして、スポーツの国際大会が挙げられます。2008年には中国・北京でオリンピックが開催されました。その際、中国の日本大使館は「旭日旗を振るとトラブルを起こす可能性がある」と注意を呼びかけました。

さらに、17年4月のAFCチャンピオンズリーグ2017は、旭日旗をめぐる問題を浮き彫りにしました。韓国・水原で開催された水原三星ブルーウィングスとの試合で、川崎フロンターレのサポーターが旗を掲げたのに対し、アジアサッカー連盟は「他国を差別・挑発する行為」としてチームを処分しました。チームは反論を重ねましたが処分が覆る可能性は低いと判断し、以後はサポーターに旭日旗の使用を控える呼び掛けを続けています。

国際舞台で根強い賛否 “おもてなし”に馴染まない?

旭日旗をめぐる歩みの一部を紐解くと、とりわけ国際的な舞台で賛否を呼ぶものであることは明らかです。今回の東京五輪の競技会場での旭日旗の在り方について、組織委の方針はTwitterでも議論を呼んでいます。

ジャーナリストの江川紹子さんは「おもてなし」の方針に反すると指摘し、反対を表明しています。他にも、「アジアの人々がいる場所であえて旭日旗を掲げる人たちがやろうとしていることは、ある種の『いやがらせ』」、「韓国戦で、ここぞとばかりにスタンドに旭日旗を持ち込んで振り回す人も出てくるだろう」といった意見もありました。

慎重な意見が目立つなか、一部では肯定的に捉える声もあります。

高須クリニックの高須克弥院長は賛成を示すツイートをしました。一方、このツイートに対しては「旭日旗がなくても競技はできます」「日本国民であれば日の丸を振って応援すれば良いだけではないでしょうか」と言った反論も寄せられています。

共同通信社によると、今回の東京五輪で組織委が持ち込みを禁止しない方針を示したのに対し、韓国外務省報道官は「日本は謙虚な態度で歴史を直視する必要がある」と批判する声明を出しました。

「平和の祭典」とされるオリンピック。ホスト国として参加国・地域をもてなす立場である以上、旭日旗が韓国を含む海外からどう受け止められるかを見つめ直し、持ち込みを許可することについて説明を尽くすことが必要かもしれません。

あわせて読みたい

「旭日旗」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小島慶子氏の旭日旗批判は筋違い

    和田政宗

  2. 2

    舛添氏 小泉環境相の発言に懸念

    舛添要一

  3. 3

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  4. 4

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  5. 5

    日本車が変えたスリランカ象文化

    にしゃんた

  6. 6

    元イクメン議員が進次郎氏に苦言

    AbemaTIMES

  7. 7

    菅長官 国民の「当たり前」重視

    菅義偉

  8. 8

    大田区の海外視察費が1800万円超

    大田区議会議員奈須りえ

  9. 9

    韓国でK-POPファンに売春を強要

    文春オンライン

  10. 10

    北の日本製レーダー 韓国に疑念

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。