記事

日本女性の下着の流行と景気の相関、研究家が解説

1/2
1978年、フロント・ホックのブラジャーが発売されるやいなや爆発的人気に(写真/共同通信社)

 日本の女性はどんな下着を付けてきたのか? 明治維新を経て、西洋の文化が流入するようになった日本に、西洋下着も輸入されるようになった。大正末期~昭和初期にかけて海外から輸入されたブラジャーは「乳(房)バンド」「乳ホルダー」「乳おさえ」と呼ばれ、新聞や雑誌に広告が掲載されたが、普及するには至らなかった。

 この時代の日本はまだ和装が主流であり、女性の下着は襦袢か腰巻きだった。また欧米人女性と日本人では体型の違いもあり、規格が合わなかったのも理由とされる。日本にブラジャーが普及するのはいつからなのか。ブラジャー研究家・下着研究家の青山まり氏が解説する。

「第二次大戦後、和江商事(現ワコール)が開発・販売したものが国産ブラジャー普及の始まりです。国内の装いが和装から洋装へと変化していくに従い、それまでの襦袢や腰巻きといった肌着は洋装に適さなくなり、ブラジャーの需要が高まります」

 ワコールは1949年に「ブラパット」、その翌年にブラパットを入れる内袋つきのブラジャーを発売した。日本人のために作られたブラジャーは売り上げを伸ばし、ワコールは1952年に大阪・阪急デパートで日本初の下着ショーを開催した。1959年には児島明子がミス・ユニバース世界大会で優勝するなど、洋装が似合う美と体型がもてはやされるようになる。

「女性の下着に対する意識の変化、技術的な進歩など、日本の下着は、1964年の東京オリンピックが普及の契機だといえます」(青山氏)

 それまでの日本女性像は、家事に勤しみ家を守る良妻賢母が理想だった。高度経済成長期には、家庭の外で働き収入を得る女性が出現し始める。それに伴い動きやすい下着の需要が高まった。また、1960年代に伸縮自在のオペロン繊維が登場し、ワコールがフルストレッチブラを発売し、世の女性のニーズに応えていった。

あわせて読みたい

「下着」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  3. 3

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  5. 5

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  6. 6

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  7. 7

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  8. 8

    首相を猛批判 小泉今日子に変化?

    女性自身

  9. 9

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  10. 10

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。