記事

小泉進次郎議員の育休に期待すること

小泉進次郎議員(以下、小泉さん)が育休を取得するのではないかという期待が高まっています。

ご本人も前向きに考えているとコメントしているとのことです。

私は自らの不徳の致すところで、実現できなかった国会議員としての育児休業取得を是非とも小泉さんには実現していただきたいと心からエールを送ります。

想いの丈を全てつづるには文字数が多くなりすぎるため飽くまでも概要となりますが、以下に期待することをしたためます。

前提として、「男性の育児休業制度」というものは、

・女性活躍社会の実現

・少子化対策(出生率向上)

の両方を実現させるために極めて重要になる政策であることは最初にご理解いただきたいです。

ただ、現在、日本における育児休業制度というものは全国民に等しく与えられているものではありません。

企業勤めをしている会社員の方々に対してのみ整備されている制度です。

日本の医療保険は国民皆保険となっていますが、国民皆育児休業とはなっていないのが実状です。

(自営業、フリーランスは入っていない)

この文脈からすると国会議員の育休というものは本来はなじまないものであり、会社員以外の人に該当するので「なにを言ってるんだ、お前は!」というご指摘はごもっともなのです。

そもそも、国会議員のmustの仕事は国会の本会議や委員会出席で、そう考えるとそれ以外の時間は自由にやりくりできるものなので、敢えて「育休を取得」すると言わずとも子育てはできる環境にあります。

(実際は多くの勉強会や地元活動がありますが、それは飽くまでも自主的な活動になります。この自主活動もなかなかやらないわけにはいかないのが現実なのですが。)

では、なぜ国会議員が育休を取得すると宣言するのか。

その答えは一つしかありません。

マスコミの注目を集めるため

です。

こう聞くとパフォーマンスのためかよ、と批判されるかと思いますが、

そうです。

パフォーマンスでしかないのです。

特に当時の私なんかよりも何倍も影響力のある小泉さんだからこそ私はそこのパフォーマンス力に期待したいのです。

ただ、そのパフォーマンスによって何をもたらすのかということが重要なのです。

世の中における現状、そして、制度の不備を知らしめることにこそ本質的な意味があると考えます。

世の中に知られていない制度や、逆にまだ足りない部分や不便な部分が存在し、それを世に知らしめていただきたいのです。

だから、私は小泉さんには以下のように育休取得してもらいたいです。

①出産前段階で育児・家事の能力を磨くトレーニングをする

年明けにお子様が生まれるということであれば、今から約3か月の準備期間があります。その間に父親学級に参加をして、新生児のミルクや、沐浴、あやし方などを事前に勉強するのです。

そして、奥様を支えていくために炊事、洗濯、掃除、の家事は一通りこなせるようにしているところをメディアに密着取材をしてもらいたいです。

※シッターさんとかをここでは導入しないで!

(戦力にならない夫は育休取得をすると逆効果になってしまうケースもあります・・)

②月に80時間以内は議員活動をする

意外と知られていないのですが、育休を取得すると会社に出社してはいけないのではなく、月に80時間までは勤務してよいという制度になっています。月に20営業日としたときに、1日4時間までは出社してもよいので、朝10時に出社をし、14時に退社することもできるのです。

そうすると、会社としても戦力がゼロになるわけではなく、業務をなんとか回すこともできる可能性も高くなります。

それを国会議員としても同様に80時間以内の活動をして効率的に育児との両立をしているところを見せていただき、育休取得には弾力性があるんだということも世の中に知らしめてほしいです。

③金銭面の不備

現在、育休取得中には給与の67%が国から支給されます。

月々30万円で生活している家庭では20万円の支給があるのです。それはありがたいことなのですが、育休期間中に10万円減ると考えた時に貯蓄がない家庭は実際の生活が立ち行かなくなります。さらに実際にその20万円が口座に振り込まれるのは2ヶ月半以降になります。

その間、収入がないのです。このあたりに実際の生活者の声を聴いて回ってもらいたいですよね。

(テレビカメラと一緒に)

また、中小企業にも実は補助金が支払われるということも知られていないので、併せてヒアリングをしてもらいたいです。(テレビカメラと一緒に)

ざっとそんなことをお願いしたいです。

永田町随一の発信力のある小泉さんに世の中の流れと雰囲気を大きく変えてもらいたいです。

そして、国民皆育児休業制度の確立を心から期待します。

自分だけのための育休ではなく、社会のための育休取得をお願い申し上げます。

※結婚発表直前にお話した小泉さんの表情はとても柔らかかったことが印象的です。個人の幸せも大切にされて下さい。

あわせて読みたい

「小泉進次郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  3. 3

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  4. 4

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  5. 5

    経済大打撃の日本 政府はいますぐ「消費税ゼロ」と「粗利補償」を実施せよ

    田原総一朗

    06月11日 12:16

  6. 6

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  7. 7

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

  8. 8

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  9. 9

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  10. 10

    「日本が気にするのはお金、メンツ、総選挙だけ」イギリスが疑問視する東京五輪開催

    小林恭子

    06月11日 11:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。