記事

玉川徹は何百万人の国民をミスリードしている

「そもそも総研」で「韓国無謬論者」の玉川徹が週刊ポストの嫌韓記事を叩く特集をやっていた。
この人は自分の正義を疑わない人だなと感心する。
モーニングショーでは今朝も韓国のことをたっぷりやっていたが、今後は扱わないようにしてはどうだ?

玉川が嫌韓が危険な理由として言った「戦争になる」という理由は、わしが「韓国との戦争は200%ない」と言ったことで後退させたが、今度は、竹島で突発的な事件が起これば、日本人は嫌韓感情に火がついて戦争するかもしれないと警告していた。

それもあり得ない!
憲法で領土問題の解決に戦争という手段を取ることは禁じられている。
さらに言えば、国際法上も無理だ。
玉川徹は憲法や国際法の知識がなさ過ぎて、国民をミスリードしている。

テレビの視聴率は1%が100万人だ。
嫌韓本が50万部、売れたって、テレビの影響力の方がはるかに大きい。
したがってわしは玉川徹のような、自分を正義だと妄信している者こそ、危険人物だと思っている。

玉川は「戦争になる」という危機感を煽る手段に説得力がないため、今度はユーゴスラビアのように、民族虐殺が起こる危険性を訴えた。
確かに関東大震災の時の朝鮮人虐殺はあったとわしは思っているが、今はそんなことは起こらない。

関東大震災の頃は、メディアが新聞くらいしかなかった。
国民には「風評」の影響が大きかったし、当時は差別感情も大きかった。
今はテレビもラジオもネットも、メディアが発達して、差別感情も薄れた。
わしは玉川のように「愚民思想」ではないから、いくらなんでもユーゴスラビアを例に持ち出すようなことはしない。

嫌韓感情が今以上に増幅して、日本人が自警団を作って、在日韓国人を虐殺するようなことも、200%ない!
在特会だってせいぜいヘイトスピーチまでだ。

わしは嫌韓本ブームには一切乗らなかった。
韓国の研究は独自に進めてきたが、嫌韓本と勘違いされるのが嫌で描かなかった。
だから嫌韓本を「批判」はしてきたが、内容的には当たってるところもあるから、基本的には特段関心も払わなかった。

だが、嫌韓本を批判する者たちが「韓国無謬論」に立ち、「日本悪玉史観」を信奉しているのは、両国にとって、全然よろしくないと思っていた。
韓国人自身が「韓国無謬論」だから、日本人の「日本悪玉史観」がそれを補完してしまって、韓国人をますます「反日」民族に追いやってしまう。

何度も言うが、嫌韓本・嫌韓記事は憲法の「表現の自由」で認められる。
それから、ここが大事なんだが、韓国の真実を語ることまでが批判され、封殺されるようになるのは「表現の委縮」であり、「表現の不自由」である!

玉川徹は韓国の「国際条約違反」「国際法違反」を強く批判しない。
これは重大な問題であって「韓国無謬論」に支配されているからである。
今の玉川徹は公平性を欠いている。
それは指摘しておく。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本がマスク支援 中国で大反響

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    AV出演者 作品の二次使用に課題

    AbemaTIMES

  3. 3

    武漢で4万人宴会 感染否定に疑問

    団藤保晴

  4. 4

    東出の不倫めぐる「稚拙なミス」

    藤沢数希

  5. 5

    米の北戦略「ソウル防衛捨てた」

    文春オンライン

  6. 6

    番組担当者が自殺 MXTVの無責任

    渡邉裕二

  7. 7

    武漢のリアルを映した映像が話題

    AbemaTIMES

  8. 8

    感染の運転手 武漢ツアー客搭乗

    ロイター

  9. 9

    「共産市長NO」はヘイトではない

    早川忠孝

  10. 10

    元徴用工は韓国に賠償請求せよ

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。