記事

新卒に年収1000万円を保証するくら寿司の焦り

1/2

回転ずしを運営するくら寿司が、「入社1年目から年収1000万円」という幹部候補生を募集し、話題を集めている。採用人数は最大10人ほどだが、すでに東大や慶應、早稲田のほか、海外の有名大学の出身者など約300人から応募があったという。そこまでする同社の狙いとは——。

米ナスダック証券取引所前で、株式上場を祝うくら寿司関係者=2019年8月1日、アメリカ・ニューヨーク 写真=時事通信フォト

新卒学生だけでなく、同社の社員も募集対象

回転ずしチェーン「無添くら寿司」を運営するくら寿司が、2020年春の新卒採用で、入社1年目から年収1000万円の「幹部候補生」の募集を始めている。26歳以下でTOEIC800点以上の英語力、簿記3級以上などの条件を満たす人材を最大10人ほど採用するという。募集期間は9月30日までで、飲食業界の注目を浴びる異例の試みも、初年度は残り1カ月を切った。

くら寿司の広報担当者によると、応募総数は8月22日時点で約300人。中でも海外の大学生からの応募が非常に多く、語学力のアドバンテージを生かしたい学生が集まっているようだ。日本の大学では慶應義塾、早稲田などの有名私大が目立つが、東京大学からの応募も相当数ある。男女の内訳は「どちらかというと男性が多い」(広報)。

同社の新卒採用サイトにあるエントリーフォームを見ると、氏名・住所、大学名や保有資格などの基本情報のみを入力し、いったん送信する必要がある。これ以降の選考フローについては、それぞれの応募者に個別に案内しているという。今回の採用は、新卒学生だけでなく、同社の社員も募集対象とあって、社内外を含め競争率は高そうだ。

8月1日には、アメリカの子会社「くら寿司USA」の米ナスダック証券取引所への上場を果たしている。同社担当者は「海外での事業戦略を策定し、実践していくための人材が不足しており、中途採用だけでなく新卒の中にもそうした人材がいるのではと思い実施した」と説明している。

年収1000万円は果たして「高い」のか

しかし、「入社1年目から年収1000万円」はそこまで騒がれるほど高額なのだろうか。例えば、すでにNECは新入社員でも1000万円以上の年収が得られるよう人事制度を改定すると発表している。IT業界だけでなく、金融業界でも1000万円は特別な数字ではない。くら寿司が注目されたのは、「飲食業界で1000万円」だからだろう。

厳しいことを言えば、この程度の収入で耳目を集めてしまうほど、飲食は生産性の低い業界だと自ら示してしまったともいえる。

飲食業界は年々人手不足が深刻化し、新入社員の採用も困難になってきている。厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」によると、「宿泊業,飲食サービス業」は男性が275万1000円、女性が202万1000円で男女ともに低い賃金水準となっている。

最も賃金水準の高い「金融業,保険業」に従事する男性の470万4000円と比較すると、年収にしておよそ200万円の開きがある。従来と同じやり方で採用を続けていても、学生および社会全般に響かないと考えたのだろう。くら寿司としては、この幹部候補生採用で話題性を持たせることで、リクルーティング全体を優位に進めようともくろんでいるのではないか。

海外事業の強化中に投じた「カンフル剤」

ちなみに飲食業界で最も給料が高いといわれているのが、サイゼリヤとマクドナルドだ。有価証券報告書によると、直近の平均年収はサイゼリヤが615万円、マクドナルドが603万円だ。一方、くら寿司の平均年収は450万円。こうした状況を鑑みれば、確かに「新卒社員で1000万円」は飲食業界では破格の条件ではあるのだろう。

安直なやり方と言えなくもないが、カンフル剤として一定の効果は見られるかもしれない。本来、飲食業界などには見向きもしなかった優秀な学生が、1年目から1000万円もらえるのなら、最初の社会経験として数年間、飲食業界に身を置いてもいいと考える可能性はある。

また今回の採用では、「グローバルで経営を担う人材」というキーワードが盛り込まれている。最近の優秀な学生は「海外」という言葉にひかれる傾向がある。「1000万円」とダブルで学生の心に響かせ、能力が高く、野心のある若者を採用しようという戦略ではないか。

海外進出は、くら寿司の悲願でもある。既に米国で24店舗、台湾に19店舗出してはいるが、本格化するには経営人材が足りていない。回転寿司のリーディングカンパニーであるスシローとくら寿司の間にはまだまだ大きな差があるが、スシローも海外展開はまだ不十分だ。そう考えると、海外展開はくら寿司がスシローに追いすがるために非常に大きな意味合いを持っているわけだ。

あわせて読みたい

「くら寿司」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    災害時リスク高いタワマンの欠点

    tokyo editor

  2. 2

    法相辞任 文政権は崩壊に向かう?

    早川忠孝

  3. 3

    ホームレス拒否への批判に疑問

    永江一石

  4. 4

    元政務官「今井議員の仕事見て」

    山下雄平

  5. 5

    韓国法相辞任 反日弱まる可能性

    文春オンライン

  6. 6

    災害報道 L字枠消す民放に違和感

    池本孝慈

  7. 7

    グラドル保育士が破壊するモラル

    田中俊英

  8. 8

    台風19号 タワマン断水続き悲鳴

    文春オンライン

  9. 9

    韓国紙 在韓米軍巡り文氏に異論

    WEDGE Infinity

  10. 10

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。