記事

高橋克典、幼少期の家庭崩壊を語る「うちには1銭もお金がない…」


 俳優の高橋克典が、9月2日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演した。

 祖父がアメリカ大使館で働いていたという高橋は、番組で「僕にとって憧れの人だった」と発言する。両親は教師で、いわゆるお坊っちゃまとして育ったが、祖父にまつわる「いろんなトラブルや病気があったりして、家庭がそこで1回崩壊している」と明かす。

 きっかけは、祖父が知り合いの保証人になり、裏切られてしまったことだ。

「小学校3年のある朝、僕が起きたら、親たちが神妙な顔で話をしていた。聞いたら『もううちには1銭もお金がなくなっちゃった』って。大変なことになったなと」

 さらに不幸が祖父を襲う。

「それまでプライドを持って仕事をしていたんですけど、結果的に友人に裏切られ、どん底にいて傷心だった1年後、失意のうちに脳溢血になった」

 祖父が倒れたことで、より家庭崩壊が進んでしまう。病床の祖父の姿について高橋はこう振り返る。

「いまでも覚えています。夏の暑い日で。僕の誇りだったおじいちゃんが、裸で病院のベッドにオムツ穿かされて転がされていた。ハエもブンブン飛んでいて。

(病院に)走って行ったらその光景だったので、見たらもうショックで。でも、そのときに自分の中でゴングが鳴った。それから自分の人生が始まったような感じがするんです」

 同時期に祖母もガンになるなど、不幸が続いてしまった高橋家。祖父母の病気により、賑やかだった家庭が一変して両親が働きづめとなり、高橋はすっかり「鍵っ子」になってしまった。

 現在、10歳になる息子を持つ高橋。番組では「子供から少年になってきましたね」と嬉しそうに語る。

 息子と新潟でサマースキーを楽しんでいるらしく、「いま、仕事と家庭をできるだけ大事にしたいと考えているのは、そのとき(家庭崩壊)のリベンジなんですよね」と明かしていた。

 幼少期の逆境が、高橋の家族愛の原点になったようだ。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。