記事

おひとりさま5割"大独身時代"に売れるモノは

1/3

2030年に日本人口の約半数が“おひとりさま”になるだろうと言われます。そんな時代に売れるモノとは? 15年間おひとりさま市場の取材を続けてきたマーケティングライターの牛窪 恵さんが解説します――。

注目すべきは進次郎より春風亭昇太の結婚

今年は「ビッグな結婚」が次々と、世を賑(にぎ)わせています。

多くの男女が瞬時にイメージするのは、8月に結婚(及び妊娠)を発表した、衆議院議員の小泉進次郎さんとフリーアナウンサーの滝川クリステルさんのカップルでしょう。

ですが約2カ月前の6月にも、南海キャンディーズの山里亮太さんと女優・蒼井優さんが、やはり結婚を発表し、「美女と野獣婚」などと話題に。さらに同月、長い間「独身貴族」を通してきた春風亭昇太さんが、自身が出演するテレビ番組〔「笑点」(日本テレビ系)〕で突然、「私、結婚することになりました」と発表し、世間をアッと驚かせました。この時点で、昇太さんの年齢は59歳でした。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/Satoshi-K)

マーケティング上、注目すべきは、昇太さんのような50歳を過ぎての「熟年婚」。というのも、50代の未婚者は、長年「生涯未婚(50歳時点で未婚)」と見られてきた男女です。ところが「人生100年時代」を見据えてか、あるいは昇太さんやエッセイストの阿川佐和子さん(63歳で初婚)のように、50代以降で初めて結婚する男女も目立ってきたからか、政府は今年、「今後は『50歳時未婚率』との呼称に統一する」との見方を発表したのです。

では「熟年婚」は、これからのトレンドになるのでしょうか?

2030年、日本の人口の約半数がおひとりさまに

前々回もお話しした通り、マーケティングでは、将来のマーケットサイズを占ううえで、10~20年後の既婚・未婚割合や世帯形態など、「環境要因」の変化に目を向けることが重要です。そこで、いまから約10年後、2030年の市場を予測してみましょう。

野村総合研究所発表のデータ(14年)によると、日本では30年、なんと全人口の約半数(5割)が「おひとりさま」になると考えられています(図表1)。


なぜか? もちろん若い男女も、いまと同程度かそれ以上に結婚しないことが予想されますが、上の世代も市場に大きな変化をもたらすほどは、結婚(熟年婚)しないようです。

一方で、むしろ顕著になると見られるのが、「シニア女性」のおひとりさま。

日本女性は、男性より平均寿命が6~7年長い。しかも現65歳以上の女性たちの多くは「3~5歳以上年上」の男性と結婚しているケースが多い、とされています。よって単純計算では、女性(妻)のほうが10年前後、長く生きる確率が高いのです。となれば、この先売れる商品も変わってきそうですよね。

あわせて読みたい

「おひとりさま」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  2. 2

    富岳 南海トラフ地震も予測可能

    SmartFLASH

  3. 3

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  4. 4

    感染拡大要警戒 不安煽ると指摘

    内藤忍

  5. 5

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  6. 6

    上沼番組の梶原卒業はパワハラか

    NEWSポストセブン

  7. 7

    東京の感染者100人超に慌てるな

    ABEMA TIMES

  8. 8

    北海道のコロナ対応に疑問相次ぐ

    畠山和也

  9. 9

    籠池発言報じぬメディアの不都合

    名月論

  10. 10

    ほぼ意味を為さない東京アラート

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。