記事

9月4日(水)ムネオ日記

 昨年3月東京目黒区で起きた船戸結愛ちゃん(5歳)が虐待死した事件の初公判で、母親が「夫の報復が怖くて通報できなかった」と認めている。
 自分のお腹を痛めた最愛の子にどうして体を張って守る気持ちがなかったのか。何ともげせない事である。
 その人の立場にならないとわからない面があるかも知れないが、自分の子を何が何でも守るという心がどこまであったのか、頭を傾げざるを得ない。
 結愛ちゃんがノートに残した文章を読者の皆さんと共に、読み返してみたい。
 ママ もうパパとママにいわれなくても
 しっかりじぶんから きょうよりか
 あしたはもっともっと できるようにするから
 もうおねがい ゆるして ゆるしてください
 おねがいします
 ほんとうにもう おなじことはしません ゆるして
 きのうまでぜんぜんできてなかったこと
 これまでまいにちやってきたことを なおします
 これまでどんだけあほみたいにあそんだか
 あそぶってあほみたいだからやめる
 もうぜったいぜったい やらないからね
 ぜったい やくそくします
 5歳の子どもがどんな思いで鉛筆を握っていたかと考えると胸が痛む。子どもの虐待死はあってはならない。社会問題として取り組んで参りたい。
 読者の皆さんのご協力、ご支援を賜りたい。

あわせて読みたい

「目黒の女児虐待死事件」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。