記事

やけどの女児にラップを巻き放置した母親らに懲役2年、執行猶予4年の判決 横浜地裁


 大やけどをした長女にラップを巻いて放置した罪で、横浜地裁は22歳の母親と同居の男に懲役2年、執行猶予4年の判決を下した。

 橋本佳歩被告(22)は同居する田中聡被告(21)と3月、横浜市鶴見区の自宅アパートで、大やけどをした当時3歳の長女の体にラップを巻き放置した罪に問われている。横浜地裁は4日、橋本被告と田中被告に対し懲役2年、執行猶予4年の判決を下した。

 これまでの裁判では、検察側が懲役2年を求刑しており、弁護側は執行猶予つきの判決を求めていた。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

法廷で取り乱す被告 5歳女児虐待死・母親の初公判

あわせて読みたい

「児童虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    コロナ検査 医師が不利益を指摘

    名取宏(なとろむ)

  3. 3

    銀座商店「震災時より人少ない」

    田中龍作

  4. 4

    韓国の肺炎感染者 4日間で11倍に

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    新型肺炎めぐる過剰な報道に苦言

    かさこ

  6. 6

    告発した岩田医師の行動は成功

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    北の病院で12人死亡 新型肺炎か

    高英起

  8. 8

    みずほ銀行描いた本 衝撃の内容

    キャリコネニュース

  9. 9

    父逮捕で娘が「お嬢様」から転落

    幻冬舎plus

  10. 10

    検事長の定年 口頭決裁あり得ぬ

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。