記事

「乃木坂46はまだまだ止まらずに」齋藤飛鳥、グループの心を1つにさせた”聖地”真夏の神宮ライブでファンへ新たな誓い【ライブレポート】

1/2
 乃木坂46が9月1日、東京・明治神宮野球場にて『乃木坂46 真夏の全国ツアー2019』の最終日公演を開催した。



 7月3日の愛知・ナゴヤドームを皮切りに、全国4箇所8公演(※8月15日の大阪・京セラドーム公演は台風10号の影響で中止)を行なった『乃木坂46 真夏の全国ツアー2019』。全公演、チケットはソールドアウトし、トータルで29万人を動員した。また最終日の公演をもって、キャプテンの桜井玲香が同グループを卒業。残念ながら会場に駆けつけられないファンのために、全国232館250スクリーンでライブビューイングも行われ、およそ7万人のファンが映画館に集結した。



 チューリップの生田絵梨花、高山一実、和田まあや、そして『乃木坂工事中』(テレビ東京系)のMCを務める”乃木坂46の公式お兄ちゃん”日村勇紀(バナナマン)という特別バージョンでの影ナレの後、『Overture』を経て、メインステージの左右から乃木坂46のメンバーが次々と登場。白石麻衣の「神宮騒げ!」という掛け声から、『ガールズルール』でライブは幕を開けた。曲中の歌詞”真夏に恋して”では秋元真夏の笑顔が大型ビジョンに映され、”卒業していく”では桜井の姿がカメラに抜かれるなどの、緻密なスタッフワークで客席のボルテージを高めていくと、齋藤飛鳥をセンターに据えた『太陽ノック』、堀未央奈の煽りからスタートした『夏のFree&Easy』、そして『裸足でSummer』といった夏曲が畳み掛けられ、会場は一気に興奮の坩堝と化した。

 最初のMCコーナーでは、桜井が「皆さん『真夏の全国ツアー』最終日、始まりました! 今日はラストなんで最後まで一緒に楽しんでいってください!」と元気よく挨拶。続けて、桜井に話を振られた白石が、「ついに最終日が始まって夏も終わっちゃうって感じ。でもやっぱ最後は盛り上がってみんなで楽しく終わりたいから、私はこのライブでいっぱいメンバーのことを触ろうと思います!」と宣言すると、齋藤は「私はもう2回触られた(笑)。さりげなく触ってくるの」とコメント。

2人によるコミカルなやり取りが繰り広げられている中、白石と仲の良いことで知られる松村沙友理が突如「期待してるー」とカットイン。これに白石は「待っててね」と笑顔で応えていた。その後、話を振られた新内眞衣が「玲香が今日最後なんです…。もうどうしようかと思って」と悲しみを訴えると、桜井は「まいちゅん、今日はリハの時から泣いてくれているよね」と暴露。すると次の瞬間、瞼から涙が溢れそうになった新内はとっさに上空を見つめ、泣かないよう必死に堪えていた。



 ライブはここから3期生と4期生のコーナーへ。体調不良のため本ツアーの一部を欠席していた大園桃子もステージへと登場し、まずは3期生メンバーのみで『三番目の風』を爽やかに届けていく。続いて、4期生だけで『4番目の光』をフレッシュにパフォーマンス。それから3期生と4期生がコラボして『トキトキメキメキ』『キスの手裏剣』といったお互いのオリジナル楽曲を、全員でパフォーマンスしていった。

 このブロックのMCは梅澤美波が仕切り役を務め、岩本蓮加が本ツアーの思い出を語った。岩本はツアー中に4期生メンバーと交流を深めたそうで、年齢が1つ違いの筒井あやめに関して「あやめちゃん、おとなしそうだけど、意外に私と話が合うんです」と語る。するとここで梅澤が「今まで蓮加がグループの最年少だったけど、ついに年下の子(筒井)が入ってきたもんね。でも『トキトキメキメキ』が発表された当初より、”大人れんたん”になってきたよね。髪切ったことも影響しているような。でも私たち3期生の前ではもうちょっとだけ”かわいいれんたん”でいてね」とコメント、これに対し岩本は「大人っぽくなったかな? そうだったらうれしい」と弾ける笑顔を見せた。

また同い年だという3期生の梅澤と4期生の田村真佑はステージ上でご飯に行く約束をしてから、田村は「梅ちゃんと呼べるようになりたいです!」と宣言していた。与田祐希は「このツアーは全公演で『ジコチューで行こう!』を披露させていただいているんですけど、間奏パートでは私がセンターの飛鳥さんに”だるまさんが転んだ”でタッチする振り付けがあるんです。そこを毎回工夫して、いろいろやってるんですけど、さすがにそろそろネタ切れでして。ハグもチューも突進もしたし…今日はどうしようかなと考えてるんですけど…」とお悩みトークを展開。すると伊藤理々杏から「逆に何かしたいこととかないの?」と質問が入り、これに与田は「飛鳥さんからチューされたい」と回答。このやり取りに客席は大いに沸き上がり、梅澤は「まだ今日披露するか分からないですけど、もし披露されたら皆さん是非そこに注目してください!」とアピールしていた。





 続いては、メンバープロデュースによるユニットコーナーが展開された。堀未央奈が、伊藤理々杏、北川悠理、佐々木琴子、佐藤楓、早川聖来、吉田綾乃クリスティーといったメンバーと共に『自由の彼方』を歌ったほか、齋藤と遠藤さくらのコンビで『他の星から』も披露。”あすぴーさん・えんぴー”と呼び合う2人が、息の合ったしなやかなダンスを見せて、客席を魅了すると、”さゆりんご軍団”の楽曲『白米様』を生田絵梨花、伊藤純奈、賀喜遥香、久保史緒里の4人が、オリジナルよりも、より歌に重きを置いたアレンジで会場を盛り上げる。それからストリート系の衣装に身を包んだ桜井は、金川紗耶、阪口珠美、中田花奈、和田を従えてダンサブルな楽曲『自分じゃない感じ』を披露した。

 ユニットコーナーが終わると、メンバーたちは『インフルエンサー』『命は美しい』『何度目の青空か?』『シンクロニシティ』といったシングル表題曲を間髪いれずに披露。『インフルエンサー』では火柱が上がるステージ上で、メンバーたちは情熱的にパフォーマンスを行なっていた。







 ここからアンダー楽曲『滑走路』『日常』が連続で披露されると、続いては『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』『不等号』『ここにいる理由』といったナンバーが、この日ならではのメンバー編成で届けられた。そしてドキュメンタリー映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』の主題歌『僕のこと、知ってる?』では、1期生から4期生が順番にステージ上に登場。センターステージからサブステージへと向かう4期生がようやくほかのメンバーと合流するという瞬間には、先に到着していた齋藤が手招きしながら4期生の到着を歓迎していた。

なんとも感動的なムードが会場を満たす中、秋元の「ここからは盛り上がって行きますよ!」という掛け声をきっかけに、アッパーチューン『そんなバカな…』『ハウス!』を連投。盛大なコールアンドレスポンスを巻き起こし、会場は大いに盛り上がった。

あわせて読みたい

「乃木坂46」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  5. 5

    夫の性犯罪発覚で妻が味わう屈辱

    幻冬舎plus

  6. 6

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  7. 7

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  8. 8

    中居正広「登る山を探している」

    SmartFLASH

  9. 9

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  10. 10

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。