記事

インセンティブ制度の光と影「インセンだけで100万」「労働時間などトータルで考えると『こんなものか』となった」

良い時と悪い時の差が大きいインセンティブ制度。

良い時と悪い時の差が大きいインセンティブ制度。

努力次第で給与を増やすことのできる「インセンティブ制度」。営業職で採用されているケースが多いが、企業によってその内容はかなり異なる。口コミサイト「キャリコネ」には、インセンティブを導入している企業の現状や、それに対する現場の声などが寄せられている。

「インセンティブの還元率が高いので、多い人だと月収で100万を超えてくるので夢がある。インセンティブの上限がないのも魅力的」(営業、20代後半、男性、正社員、年収520万円)

など、肯定的に受け止める声も少なくない。まずは夢のある口コミをいくつか紹介したい。

「頑張った分だけ給料に反映されるのはやりがいにつながる」

「営業では、数字があがることで給与と一緒にインセンティブも加わるので頑張った分だけ給料に反映されるのはやりがいにつながる」(その他、20代前半、女性、正社員、年収400万円)

「トップはインセンティブだけで100万いくと言われているので稼げる方なのかと思います。単月昇降格なので一攫千金も狙いやすいが逆も然り」(テレホンオペレーター、20代前半、女性、契約社員、年収290万円)

営業力に自信のある人であれば、かなり前向きなモチベーションになることは確実だ。さらに「インセンティブに上限がない」「社内キャンペーンなどで会社が売上を還元してくれる」「先輩や上司のサポートが厚い」といった環境が、さらに報酬を引き上げてくれる大きなファクターとなっている。

「配属店舗によって変わる。悪いところだとインセンティブを狙いにいきにくい」

一方で、不満を顕にする口コミもある。

「とにかく給料が上がらないうえに、営業手当と呼ばれるインセンティブも年々額面が下がっていく」(代理店営業、30代前半、男性、正社員、年収400万円)

「配属される店舗によって変わる。売り上げの良いところに行くといいが、悪いところだとインセンティブを狙いにいきにくい」(ショップ店長、20代前半、男性、正社員、年収350万円)

インセンティブが充実している場合、基本給が低めに設定されている企業も多い。また、企業によって個人の目標を評価する場合とチームの業績を評価する場合がある。チームの業績を評価される場合、自身の成果が報酬に結びつくとも限らないようだ。

「年齢の割には驚くほどの金額をいただいた事はありますが、労働時間などトータルで考えるとこんなものかとなりました」(企画営業、20代前半、男性、正社員、年収500万円)

という声もある。

仕事のモチベーションが上がり、成績が正当に評価されるという点で、インセンティブ制度にはメリットが多い。制度に振り回されることなく、上手に利用して高収入を目指したい。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  2. 2

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  3. 3

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  4. 4

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  5. 5

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  6. 6

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  7. 7

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  8. 8

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  9. 9

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

  10. 10

    森喜朗元首相の「名誉最高顧問」就任案 五輪組織委員会の異常な優遇に疑問

    マガジン9

    07月28日 14:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。