記事

韓国財閥トップ 文在寅の言うことを聞いたら自分達が危うい

輸出に依存する韓国企業には大きな影響が(写真/時事通信フォト)

 隣国だから、友として親しく付き合わなければならない──そんな“固定観念”を一度、考え直すべき時期なのかもしれない。

 韓国の「反日」が止まらない。徴用工問題での国際法を無視した賠償請求、海上自衛隊の哨戒機へのレーダー照射などに続いて、文在寅政権は日韓で軍事機密のやり取りを可能にしてきたGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄まで一方的に決定してしまった。

 いくら日本側が法と論理、正当な手続きを通じて関係を構築しようとしても、それが通じないのである。

 韓国経済界の危機感は強い。文在寅大統領は日本が輸出管理強化を打ち出した直後の7月10日、ヒュンダイやサムスン、ロッテなど大手30社のトップを集め、「前例のない緊急事態。どう打開すべきか意見を聞きたい」と呼び掛けたが、“超大物”は会合に参加すらしなかった。

「サムスン電子の実質トップである李在鎔副会長、日本に幅広い人脈のある韓国ロッテグループの辛東彬会長が会合を欠席。理由は日本への出張でした。財閥トップは“文在寅の言うことを聞いて日本との関係が悪化したら韓国経済のほうが危うい”とわかっているのでしょう」(経産省関係者)

 韓国財界トップには、勝算なき経済戦争であることが見えているのかもしれない

※週刊ポスト2019年9月13日号

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  2. 2

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ポルシェ追突の男 一族は大地主

    文春オンライン

  4. 4

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  5. 5

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  6. 6

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  7. 7

    玉木代表は決して結論を急ぐな

    早川忠孝

  8. 8

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    感染の慶應研修医 復帰前に処分

    NEWSポストセブン

  10. 10

    コロナの恐怖煽り視聴率を稼ぐTV

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。