記事

オリックスが目指す「事業投資会社」と「総合不動産会社」化

1/2
オリックスの井上亮社長

金沢駅西口複合開発のイメージ図

 オリックスといえば「リース会社」や「オリックス・バファローズの親会社」というイメージを抱く人が多いかもしれない。しかし、現在注力している事業領域は不動産だという。同社の多角化を牽引する井上亮社長(66)に、これからの成長戦略を訊いた。

──このインタビューでは平成元年(1989年)に何をされていたかを最初に伺っています。

井上:私は1975年入社で、香港2年、ギリシャ5年と20代から海外赴任を経験しました。1989年当時は国際営業第三部という部署で課長代理を務め、航空機リースの仕事などをしていました。

 あの頃はエズラ・ヴォーゲル氏の『ジャパン・アズ・ナンバーワン』に象徴されるように、まさに日本経済が隆盛を極めていた。東京が世界金融の扇の要で、私も1年の3分の1近くは海外出張に出ていましたし、東京での取引先の方はほとんどが外国人でした。

 当社にとって、1989年は設立25周年を機にオリエント・リースからオリックスに社名変更した年でもあります。オリエント・リースという名前には長年の愛着があっただけに、社名を変えることに違和感があった社員も多かった。

 しかし、その後の当社はビジネス領域をリース以外に大きく広げていくこととなった。現在の状況から考えれば、あの時に社名を変更したのは大正解だった。

──すでに「リース会社」ではないと?

井上:格付け機関のほとんどが当社を「ファイナンスカンパニー」として扱っていますが、アナリストの方も当社の業種区分をどうするか悩ましいのではないか。現在、リース業の割合は利益ベースで20%程度です。実態はもはやリース会社やノンバンクではなく、「金融力」を基にしたオールラウンドの「事業投資会社」と言えます。

──ウエイトを増やしている事業・投資案件は?

井上:力を入れている事業の一つは不動産開発です。大きな事業としては、まず大阪駅北側のうめきた2期地区大規模再開発が挙げられます。当社含めて三菱地所さんなど9社が開発事業者として参画しています。

 開業予定は2024年と少し先ですが、オフィスや商業施設、ホテル、公園などを組み合わせた複合的な街づくりを行う予定ですので、今後の再開発事業を進めていく上で技術的な知見が蓄積できると期待しています。

 それから大分県別府市の杉乃井ホテルの建て替えに約400億円をかけるほか、強羅(神奈川県箱根町)には高価格帯を目指した温泉旅館を開発しており、2020年秋ごろの開業を予定しています。金沢市(石川県)では2020年6月にホテルなどの複合施設が開業予定です。

あわせて読みたい

「オリックス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  4. 4

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。