記事

厚生労働省の「感覚」

厚生労働省から内閣法制局に出向していた幹部職員が、「臨床研究法案」を検討過程の法案の案文を、製薬会社に漏らしていた、そしてこの幹部はそのために厚労省から処分を受けたが、そのことは非公表とされていた。

霞ヶ関の幹部職員のモラルがここまで低下していたかと、愕然とします。経済的な利益の授受はなかったと言われているようですが、本当にそうでしょうか。その場での利益供与はなくとも、将来は、といったことはなかったでしょうか。

こういったことも含め、大変驚きました。

今年初めの厚労省における統計不正の際にも、私は当時、厚労省の官僚の、身内に甘い、世の中の常識感から乖離した雰囲気を強く感じました。今回も同じ感覚にとらわれます。

厚労省は、社会保障政策、雇用政策等、国民生活に極めて近い政策分野を所掌しています。それだけ国民ひとりひとりの感覚にもっともっと敏感であるべきです。

あわせて読みたい

「厚生労働省」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    武漢閉鎖 中国の感染対策に懸念

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    減るべくして減った日本人の賃金

    城繁幸

  3. 3

    e-Taxの確定申告 認証設計に不安

    tokyo editor

  4. 4

    進次郎氏育休に純一郎氏が激怒か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    米作家 人口減少は日本に利ある

    文春オンライン

  6. 6

    東出不倫壊した団欒 2億円豪邸も

    女性自身

  7. 7

    立民と国民民主 代表質問で違い

    室橋 祐貴

  8. 8

    報酬減額も UberEats配達員の声

    連合

  9. 9

    1億5000万円の衝撃 河井議員疑惑

    大串博志

  10. 10

    林業現場をダメにする国の補助金

    清水駿貴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。