記事

厚生労働省の「感覚」

厚生労働省から内閣法制局に出向していた幹部職員が、「臨床研究法案」を検討過程の法案の案文を、製薬会社に漏らしていた、そしてこの幹部はそのために厚労省から処分を受けたが、そのことは非公表とされていた。

霞ヶ関の幹部職員のモラルがここまで低下していたかと、愕然とします。経済的な利益の授受はなかったと言われているようですが、本当にそうでしょうか。その場での利益供与はなくとも、将来は、といったことはなかったでしょうか。

こういったことも含め、大変驚きました。

今年初めの厚労省における統計不正の際にも、私は当時、厚労省の官僚の、身内に甘い、世の中の常識感から乖離した雰囲気を強く感じました。今回も同じ感覚にとらわれます。

厚労省は、社会保障政策、雇用政策等、国民生活に極めて近い政策分野を所掌しています。それだけ国民ひとりひとりの感覚にもっともっと敏感であるべきです。

あわせて読みたい

「厚生労働省」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。