記事

トウモロコシに軍用機…安倍首相が米国へ貢ぐ5兆円リスト

「中国が、『やる』と言ったことをやらなかったから、代わりに日本が、すべてのトウモロコシを買うことになった」

 8月25日、じつに13回めの日米首脳会談後に、トランプ大統領は喜びのあまり、こんな事実を明かしてしまった。

 米国産の飼料用トウモロコシ約275万トンを、日本が追加購入するという “大手柄” に、もともと予定になかった記者発表まで、トランプ氏はゴリ押ししてきた。安倍晋三首相は、「日本では害虫被害に悩まされており、民間に追加購入需要がある」と説明したが……。

「追加輸入の必要性はまったくない。害虫被害はこじつけです」

 こう話すのは、東京大学の鈴木宣弘教授(農業経済学)だ。

「日本はすでに年間1000万トン以上の飼料用トウモロコシを輸入しており、十分に足りている。農水省の植物防疫課も、『害虫被害は広がっていない』と認めています。そもそも害虫被害が拡大していても、米国産飼料では代替できません」

 日本で生産されている飼料用トウモロコシは「粗飼料」。葉・茎・実を一緒に細断して、牛や羊などの草食動物に与えるものだ。対して、今回米国から輸入するのは「濃厚飼料」。実の部分だけで、豚や鶏用になる。さらに、濃厚飼料を牛や羊に過剰に与えると、健康を損なう危険があるという。

「日本では消費しきれないので、保管費用がかさむでしょう。これまで、自給率を上げるために、飼料用米の生産拡大に多額の補助金を使ってきました。その政策とも整合性が取れません。米国の尻拭いをさせられているだけです」(鈴木氏)

 米中貿易戦争でトウモロコシの価格は下落し、米国の農家が抱える負債は、過去5年間で4090億ドルにまで膨張。その尻拭いをする安倍首相の “トランプの犬” ぶりを、中国人は嘲笑っている。

「中国国内ニュースサイトの記事のコメント欄には、『安倍は本当に悪趣味だ。アメリカのご主人様のケツを舐めるなんて』などと、安倍首相を嘲る言葉が飛び交っていますよ」(香港在住の記者・初田宗久氏)

 時をさかのぼり、2019年5月。令和初の国賓として来日したトランプ氏を喜ばせたのが、日本政府による米国製武器の購入だった。

「日本は、同盟国の中で最大のF-35部隊を持つことになる」(トランプ氏)

 日本は結局、米国のFMS(対外有償軍事援助)に基づき、最新ステルス機のF-35を、将来的に147機も購入することになった。ジャーナリストの伊藤明弘氏は、こう話す。

「FMSでは、複数年度に分けて、ローンで購入費を米国に支払っています。国産装備品を含むその残高は、2020年度以降で約5兆4900億円。FMSは踏み倒す国も多く、それがない日本は、米国の “上客” なのです」

 まさに日本国民の「血税5兆円」が使われ、米国製兵器をツケ払いで買わされているのだ。FMSの契約額は、2012年度予算の1381億円から、2019年度は7013億円と、約5倍に増加している。

「安全保障での日米一体化はどんどん進んでいます。たとえば、1基あたり1224億円する地上配備型迎撃システム(イージス・アショア)導入がそのひとつ。

 陸上配備のメリットはありますが、海自のイージス艦でも十分に対応できるもの。秋田と山口に配備予定なのは、日本というより、三沢と岩国の米軍基地防衛のためと言われても仕方がありません」(伊藤氏)

 日本が損をしようとも、トランプ氏には気にしていられない事情がある。外交評論家の岡本行夫氏はこう語る。

「トランプ氏にとっては、来年11月の大統領選での再選がすべて。トウモロコシ生産地の、アイオワ、ウィスコンシン、オハイオは大統領選のカギを握る州で、『日本との交渉で大きなディールが取れた』とアピールするでしょう」

 トランプ大統領の再選のために、安倍首相はさらに “貢ぐ” 可能性があるという。元外交官の孫崎享氏は、次のように解説する。

「自動車産業の関連州であるウィスコンシン、オハイオ、ミシガン、ペンシルべニアが、勝利に必要な票数の4分の1を占めます。この4州で勝つことが必要になる。今後、日本車への関税引き上げ、あるいは数量制限など、新たなメッセージを出すはずです」

 8月26日、トランプ氏は日本車への追加関税について、こう語気を強めた。

「私が望めば実現するが、現時点では考えていない」

 安倍政権は、韓国に見せる強面を、一度くらいは米国に向けてほしい。

F35-A

【5兆円超の「血税」でツケ払いするアメリカ製兵器リスト】

●イージス・アショア 約1224億円

 地上配備方の迎撃システム。秋田と山口に配備予定。

●E2D 約260億円

 レーダーで警戒監視する早期警戒機。機内は狭いらしい。

●グローバルホーク 約173億円

 イラク戦争にも投入された、米空軍が誇る無人偵察機。2019年末から空自に配置される予定。

●F-35B 約150億円

 短い滑走路や空母で運用できる、短距離離陸・垂直着陸型。空母化される護衛艦「いずも」で運用予定だ。2023年度までに18機ぶんの予算が計上されるという。

●F-35A 約116億円

 2018年に空自・三沢基地に初配備された。だが、2019年4月に墜落事故が発生し、操縦士が死亡。

●V-22オスプレイ 約100億円

 2015年から段階的に陸上自衛隊に調達されている輸送機・オスプレイ。事故が多発したことで悪名高い。

●SM3ブロック2A 約40億円

 日米で共同開発した新型迎撃ミサイル。機動性が高く、1発あたりの価格が高い。

(週刊FLASH 2019年9月17日号)

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  7. 7

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    日産だけでない自動車会社の問題

    ヒロ

  10. 10

    Rキャンベル コロナは時間の災害

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。