記事

自覚と意気込みと覚悟

本日、東日本大震災後初となる党首討論が行われました。

私が注目したのは、未曾有の大震災を受け、敗戦にも匹敵する国難の中にある日本のリーダーとしての自覚が総理にあるか否か、何が何でも被災地の皆様を助けたいのだという、周りを圧倒するほどの意気込みがあるか否か、そして、一日でも早い被災地の復興のためなら、自らの身をも投げ打つ覚悟があるか否かでした。

私が聞きたかったのは、次のような言葉です。

「あと3ヶ月でいい。復興への道筋をしっかりと付けたら、私は退く。総理の座なんて惜しくない。被災地の皆様のために身を捧げる。どうか、全ての国会議員の協力を頂きたい。」

今の日本には、自覚と意気込みと覚悟があるリーダーが必要です。

トピックス

ランキング

  1. 1

    謙虚なラグビー界 にわかを歓迎

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ホームレス拒否 人権に疎い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  3. 3

    防衛省に戦闘機調達の能力はない

    清谷信一

  4. 4

    ラグビー「にわかファン」が反響

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    岡本夏生 わいせつで芸人を提訴

    NEWSポストセブン

  6. 6

    女性キャラの献血PR 批判に雑さ

    紙屋高雪

  7. 7

    田中康夫氏 脱ダム批判受け反論

    田中康夫

  8. 8

    ラグビー敗退 熱はまた4年続くか

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    文政権 総選挙で「死に体化」か

    文春オンライン

  10. 10

    西田敏行 降板に止まぬ惜別の声

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。