記事

また児童虐待で鹿児島の女の子が死亡

鹿児島県出水市で、大塚璃愛来(りあら)ちゃん(4)が死亡し、母親の同居相手で建設作業員の日渡駿容疑者(21)が、暴行容疑で逮捕されました。これだけ児童虐待による幼い子の死亡が相次ぎ、法改正もされたのに、教訓がいかされていず、残念です。今回も関係機関の連携不足で、助けられる命を救えなかった、と報じられています。

出水市は、昨日2日、璃愛来ちゃんの体に数ヶ所のあざがあるとの情報を県警や県中央児童相談所(鹿児島市)に伝えていたなかったと明らかにしました。県警や児相と適切に情報を共有していれば、一時保護につながった可能性があります。

県警によると、3人は、7月に出水市で暮らし始め、母子が以前に住んでいて鹿児島県薩摩川内市でも、3月下旬から4月上旬、県警は夜間に1人で外出していた璃愛来ちゃんを計4回保護していました。

薩摩川内市から出水市には、育児放棄(ネグレクト)として引き継がれていました。県警によると、母親は、日渡容疑者の逮捕容疑となった暴行があった8月27日夜と、容疑者が翌28日午後、璃愛来ちゃんを「風呂場で倒れた」と、出水市内の病院に運んだ際、いずれも仕事で外出中だったということで、県警は母子の生活環境も詳しく調べていいる、とのこと。

璃愛来ちゃんは、28日深夜、病院で死亡が確認され、司法解剖の結果、死因は溺死でした。暴行によるとみられる傷が、頭部から下半身にかけて数ヶ所あり、日渡容疑者は殴ったことを認め、しつけだったと趣旨の供述をしているそうです。

いつも言うように、人間の子どもに、しつけと称して、暴力を振るうことは、許されません。薩摩川内市でも、児相に虐待とみられる動画が投稿されていると、匿名の通告電話があり、自宅を訪れ、母子と面談し、県警も自宅を訪れましたが、目立った傷は確認できず、動画も確認できなかった、ということです。

出水市に引っ越してからも、璃愛来ちゃんが、雨の日に下着1枚で外にいるなど、虐待の兆候がありました。県中央児相、県警、自治体は、虐待が疑われる情報を把握し、県警は児相に一時保護の必要性を伝えていました。

出水市は、母親が連れて8月5日に受診した病院から、璃愛来ちゃんの顔などに複数のあざがあると連絡を受け、自宅を3回訪問しましたが不在で会えませんでした。暴行事件の前日の26日に、市の保健師と相談員が母子と面談しましたが、頭や顔にあざを確認できず、「異常がない」と判断しました。

これだけ、両市で、虐待の通告や兆候があったにも関わらず、また、連携不足で子どもの命を救えかったことを、しっかり検証する必要があります。児童相談所が人手不足で、1人抱える事案が多すぎることは理解しています。政府も、人員を増やす努力はしていますが、その人数とスピードが足りないと思います。巨額の防衛費などに比べれば、それほどの額ではない予算で確保できるはずです。

そして、専門性の高い職員、専門家をが足りないので、早急に養成してもらいたいものです。とにかく、虐待で命を落とす幼い子どもをなくすことを、最優先の課題にしてもらいたいと思います。

あわせて読みたい

「児童虐待」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。