記事
  • S-MAX

ヤマト運輸、宅急便の発送手続きをスマホで完結できるサービスを提供開始!送り先などのWeb入力やオンライン決済で集荷所に出すだけ。最大200円OFFも



宅急便の発送手続きをスマホで完結できる新サービスがリリース!

ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸は3日、同社が提供する荷物配送サービス「宅急便」の発送手続きを専用Webサイトで住所などの必要事項を入力してスマートフォン(スマホ)で完結できる新サービス( https://sp-send.kuronekoyamato.co.jp/smpTaqWeb/ )を2019年9月3日(火)に提供開始すると発表しています。

対象サービスは宅急便(発払い/着払い)および宅急便コンパクト(発払い)、クール宅急便(冷蔵/冷凍)で、支払いもApple Payや各社のキャリア決済などのオンライン決済を利用すれば、受付時に現金をやり取りする必要はありません。また近日中にコミュニケーションサービス「LINE」の友だちリストから届け先を選択すれば、住所を知らない相手にも荷物を送れるようになるということです。

料金は直営店では200円割引、コンビニエンスストアでは150円割引となり、まずは全国約4000か所のヤマト運輸直営店に荷物を持ち込むだけで、簡単に発送でき、今後は全国のセブン-イレブンやファミリーマートといった約3万9000か所の店頭にてサービスを順次拡大し、さらに便利に利用できるようになる予定だということです。



集荷場所直営店セブン-イレブンファミリーマート
宅急便発払い
着払い
宅急便コンパクト発払い
着払い×××
クール宅急便発払い××
着払い××

ヤマト運輸では近年、ライフスタイルの多様化に伴ってeコマースやFinTechといった分野でますますスマホの利用が拡がっており、これまでも多様化する利用者のニーズに応えるため、無料の会員制サービス「クロネコメンバーズ」を通じて荷物の配送を事前にお知らせする「お届け予定eメール」やLINEのメッセージから受け取りの日時や場所を変更できるようにするなど、荷物の受け取りにおける利便性向上に取り組んできています。

また受け取りだけでなく、スマホによる店頭端末での送り状出力や電子マネーでの支払いなど、荷物を送る際の利便性向上にも行ってきましたが、宅急便運賃の支払いは現金での利用比率が依然として高く、利用者に煩わしさを感じさせないより利便性の高い決済手段が求められていたとのこと。

さらにプライバシーへの関心の高さからフリマサイトなどで利用できる宅急便の「匿名配送サービス」をその他の利用シーンでも使いたいという声も多くあったとしています。そういった要望に応えるためにも今回、スマホのみで支払いから発送手続きまでが完結できる新サービスを提供開始したとのことです。新サービスの内容は以下の通り。

(1)【カンタン】送り状の手書きが不要

スマホで、クロネコメンバーズのアドレス帳などを使って、お届け先住所をはじめとする必要情報を入力するだけで、簡単に宅急便をご利用いただけます。

(2)【スマート】豊富なオンライン決済

ApplePayやクロネコペイ、キャリア決済(ドコモ払い、auかんたん決済/auWALLET)といった多様な決済手段が利用可能です。事前に運賃の支払いが済むので、発送時には支払いの手間がかからずスムーズです。

(3)【おトク】最大200円引き!

クロネコメンバーズのお客さまがヤマト運輸の直営店から当サービスを利用して宅急便を送ると、デジタル割などが適用され1個あたり200円の割引きとなり、おトクにご利用いただけます。(コンビニエンスストアからのご利用時は150円の割引きとなります)

(4)【もっと気軽に】住所を知らない相手にも宅急便が送れる(近日開始予定)

クロネコメンバーズのお客さまは、LINEの友だちリストからお届け先を選択することができます。LINEで繋がっていれば、住所を知らなくても宅急便を送れます。

(5)【安心】匿名配送が利用できる(近日開始予定)

さらに、フリマサイトなどで利用できる「匿名配送サービス」が、LINEの友だちにもご利用いただけます。

なお、今後はオープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」からの発送にも対応したり、複数口宅急便や空港宅急便、ゴルフ宅急便など、さまざまなサービスの発送にも順次対応し、利用者によりスマートに荷物を発送してもらえるようにサービスの向上を行っていくとしています。



あわせて読みたい

「ヤマト運輸」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  5. 5

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  6. 6

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  7. 7

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  8. 8

    保育士グラドルの姿は心理的虐待

    田中俊英

  9. 9

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  10. 10

    政府の肺炎方針に自民議員が苦言

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。