記事

アメリカ進出の小栗旬 成功のカギは日本人らしさよりも個性

一家でアメリカに移住していることがわかった小栗旬(写真は渡米前の7月下旬)

芸能界での存在感を増す小栗。アメリカでも成功となるか

 俳優の小栗旬(36)が、本格的なハリウッド進出を目指して、妻である山田優(35)と2人の子供とともに、生活の拠点をアメリカに移していたことが明らかになった。

 以前からハリウッド進出の夢を抱いていたという小栗。ここ最近は、来年公開予定の映画『ゴジラvsコング(原題Godzilla vs. Kong、邦題未定)』の撮影のために何度か渡米していたというが、ついに本格進出を目指して移住を決断したとのことだ。

 世界を舞台に羽ばたこうとする小栗に対し、ネット上では、

「夢を現実にするために挑戦する。すばらしいことですね」

「まだまだ世界で活躍している日本人俳優は少ない。ここで一つ風穴を開けてくれると良い」

 など、応援や期待の声がある一方で、

「ネイティブ並みに英語が話せないとハリウッドは厳しいと思う」

「日本人は何回かはハリウッドで有名にはなるんだけど長くは続かないんだよね」

 と、成功しないのではないかと、悲観的な意見も多かった。

 日本の芸能界からハリウッド進出を果たした俳優といえば、渡辺謙(59)や真田広之(58)が成功例と言えるだろう。渡辺はハリウッド映画やブロードウェイのミュージカル『王様と私』に出演、真田もハリウッド映画やアメリカ制作のテレビドラマなどに出演している。2人のアメリカでの活躍について、エンタメ業界に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏はこう説明する。

「継続して多くの作品に出演しているという点では、渡辺さんも真田さんも間違いなく成功例といえます。ただ、2人が演じている役については、“日本人役”が多い。つまり、日本人が登場する作品でないとなかなか出演機会が訪れないということです。日本人役が多い理由としては、やはり英語力の問題もあるかもしれないし、演技のテイストに“日本人らしさ”みたいなものが強く出ているのかもしれない。

あるいは、ハリウッドの制作サイドが、あまりにも“日本人らしさ”を求めすぎているのという側面もあるでしょう。そういった点で、出演作が限られているという現実はあると思います」

 昨今のハリウッド作品では、社会における多様性を反映するべく、いろいろな人種の俳優を起用するケースが増えている。当然、アジア系の俳優が出演する機会も増えており、日本人俳優にとってのチャンスも増えているはずだが…。

「多様な人種の役柄が増えているのが間違いないのですが、それを演じる俳優についてはやはりネイティブに近い英語力が求められますね。“日本人”としてではなく、“アジア系アメリカ人”としての演技が必要となるわけです。さらにいえば、俳優は日本人だったとしても、役どころは中国系であったり韓国系であったりすることもあります。さまざまな文化的背景などもある程度理解する必要がある。

アジア系俳優としてのチャンスは増えていますが、単純に“日本人俳優”としてのチャンスが増えているわけではないということですね。むしろ、それに日本人の役を担う俳優は渡辺さんや真田さん、さらには浅野忠信さん(45)など、すでに何人かいて、そこに小栗さんが割って入るのはそう簡単なことではない。小栗さんがハリウッドで成功するために超えるべきハードルは決して低いものではないと思いますね」(大塚氏)

 また、アメリカで成功するために絶対に避けて通れないのがオーディション。日本ではスター俳優である小栗も、ハリウッドではオーディションを勝ち抜いて仕事を獲得しなければならないことも多いだろう。映画関係者はこう話す。

「海外では無名に近い小栗なので、最初のうちはやはりオーディションに参加して、地道に役を勝ち取っていく必要はあるでしょう。そこで、いかにして自分の演技力やキャラクターを見せられるかが最重要。たとえば、真田であればアクションという武器を持っているし、渡辺にしても時代劇での経験を『ラストサムライ』で発揮したことが大きかった。そういった形で小栗がどんな“武器”をアメリカで見せるのかが成功のカギとなるでしょうね。

そして、これまで日本で恋愛モノから時代劇、アクションなど幅広い作品に出演している小栗ですが、“小栗旬といえばこれ”というわかりやすい特徴がないのも事実。そういったなかで、自分をどうアピールするのかは気になるところです」

 オールマイティーな俳優であるがゆえに、ハリウッド進出における戦略が難しそうな小栗。アメリカで成功するまでの道のりは、それなりに険しいものとなるかもしれない。

あわせて読みたい

「小栗旬」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  7. 7

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  10. 10

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。